熊本県内での道路電光掲示板で『安全で慎重な運転悪くないだろう』とユーモアあるメッセージが話題になっています。

このインパクトある交通掲示板の標語は熊本県警が発案したらしいです。

普通の堅苦しい用語よりこのようなインパクトありユーモアな言い回しの方が運転中は目に入りやすいですし、暖かい気持ちになりますね^^

『安全で慎重な運転悪くないだろう』の標語の由来や熊本県警の歴代交通掲示板標語をまとめてみました。

「安全運転悪くないだろう」の標語を作った人は?

「安全運転悪くないだろう」という、熊本県警のこの電光掲示板標語を手掛けたのは、熊本県警交通企画課の米村法数警部です。

「安全運転悪くないだろう」の由来は?

この標語の由来となった元ネタとなったのは、2019年に行われた「M-1グランプリ」の決勝で3位だったぺこぱのネタです。


ぺこぱは、ツッコミのない斬新な漫才という斬新なネタが人気で、シュウペイさんの次々と繰り出すボケに対して、相方の松陰寺太勇さんが、「悪くないだろう」とかわすやり取りが人気です。


この面白さにすっかりはまってしまった米村警部が、2020年2月6日から交通情報板に登場させたのです。

米村警部は、ベテランドライバーとなっても、免許を取り立ての頃の緊張感や交通ルールを思い出し、慎重な運転を心がけて欲しいという願いを込めたのです。

そして、驚くことにこの情報は松陰寺さん本人にも知るところとなったのです。
熊本県警公式ツイッターには、「フォレ(俺)達が熊本に届いている。悪くないだろう。

どうもファリガトゥ(ありがとう!)」と松寺さんから届いたのです。
米村警部のユニークな発想は、多くの人の心にしっかり届いたのです。

熊本県警の歴代標語は?過去作品一覧

熊本県警はこれまでにもユニークな標語があります。

全国交通安全運転うほほ~い/んちゃっ!安全運転かっくいー

これは、鳥山明さん原作の大人気マンガ「Dr.スランプ アラレちゃん」の主人公であるアラレちゃんの挨拶などを取り入れたもので、いかに安全運転することが格好良いかどうかということです。

ピコッとな早め点灯事故防止/アイハブ交通マナー安全意識!

「ペッパーナッポーアッポーペン」で一斉風靡を起こした、ピコ太郎さんのギャグを意識した言葉で、早めの点灯が事故を防止するというものです。

・しもしもー運転中の携帯NG/歩行者どびだしおったまげ

これは、バブル芸人で有名な平野ノラさんのギャグを取り入れた標語で、運転中のマホ操作を注意するためのものです。

穴と雪の情報

アナと雪の女王ネタですねw

飲酒運転ダメよ~ダメダメ

印象的なフレーズでブレークした、女性二人組のお笑いコンビである日本エレキテル連合のギャグを取り入れて、飲酒運転防止を呼び掛けた標語です。

黄色信号行かない待つの/安全運転ウィズB(ベルト)

男性二人と共にキャリアウーマンネタを披露していた、ブルゾンちえみさんのネタを元に作られた安全運転とシートベルトについて呼び掛けた標語です。

時代のなかで人々の記憶に残るフレーズを取り入れ続けている熊本県警の標語は、安全運転に大いに貢献しています。