2015年も持って廃止になった上野〜札幌間の寝台列車の北斗星での食事の記録です。

乗車したのは2013年の12月でした。

北斗星は移動手段の列車というより、一つの旅のイベントでしたね。

惜しまれつつ引退した、この北斗星。列車食堂の中ではレベルの高い食事だったので、画像で振り返っていこうと思います。

 

北斗星 グランシャリオ フランス料理

 

上野発の札幌着の北斗星でのフランス料理体験でした。駅のホームからのグランシャリオです。

 

19:03発の北斗星に乗って、ディナー開始は19:45過ぎからでした。列車は、ちょうど大宮を過ぎた辺りです。

 

 

 

前菜です。お酒を飲みつつ、列車でディナーなんて一生に有るか無いかの体験です。

 

2品目は魚料理です。車窓から変わりゆく夜景を見ながらの食事です。この食堂のテーブルと照明が昭和な感じで、なんとも言えないノスタルジックな雰囲気です。お酒も進みます。

 

メインディッシュの肉料理です。お肉は柔らかくて、ワインも追加注文してしまいました(笑)

 

かなりゆっくり食事を楽しんでいたので、食事が終わる頃は宇都宮を過ぎてました。

最後にデザートです。画像の上のムースの北海道の形が可愛いです。

 

ディナー終了後、パブタイムも行ったけど、お酒の飲み過ぎで、写真あまり撮りませんでした(汗

 

 

北斗星での朝食

 

ディナーでは、お酒を飲みまくって、爆睡してしまいました。北斗星が青函トンネルを潜る瞬間も目撃したかったのですが、その瞬間は起きれませんでした(汗)

青函トンネルを潜っている最中も、目覚めなかったので気づいたら函館に到着していた感じです。

 

北斗星の朝食です。

 

ホテルの朝食と遜色ないクオリティでした!世が明けて明るい景色です。北海道の大地を見ながら♪朝8時ぐらいに起床しましたが、札幌到着が11:45の到着なので、朝食もゆっくりできます。まさに走る高級ホテルです。

 

 

北斗星の思い出

 

北斗星の引退は、北海道新幹線の開通と車体の老朽化など様々な理由が有るらしいですね。

 

小さい頃からの憧れていた北斗星が、引退前に乗車できて良かったです。

 

新幹線など早くて便利な列車が出てくる度に、北斗星みたいなイベント的な列車を深夜に走らせるのも、諸々鉄道会社の事情的に難しいかもしれません。

 

現役の時は、北斗星の貴重さに気づきませんでしたが、いざ廃止になったら北斗星の魅力というのが、再度認識させられます。