鞘師里保さんが、2019年6月28日BABYMETAL横浜アリーナ公演にサポートダンサーとして予告無くライブに登場し、ファンに衝撃を与えました。

2018年はYUMETALの脱退とかがあり、危機的状況にありました。代わりのメンバーは誰になるのか?!

ネット上では憶測による議論が絶えませんでした。

そんな中のサプライズ登場!ハロプロファンとベビメタメイトの双方のファンから話題になりました。アイドル業界自体が下降線気味な現在を再び活性化する事間違いないこの奇跡のコラボ!

今回は鞘師里保さんのモーニング娘。時代からBABYMETALに出演の現在までを振り返ってみました

鞘師里保のモーニング娘。時代

モーニング娘。加入以前

鞘師里保さんは、1998年5月28日に広島県で生まれました。

叔父は元広島東洋カープの選手である鞘師智也氏です。

彼女がアイドルに興味を持つ様になった切っ掛けは、幼稚園時代にまで遡ります。

幼稚園のお遊戯会で「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」を踊った際にこの曲が大好きになり、モーニング娘。が歌っている事を知って自分もアイドルになりたいと憧れを抱いたのが始まりでした。

こうして歌やダンスに興味を持った彼女は、アクターズスクール広島に入学して本格的に学ぶ様になったのです。ちなみに当時のアクターズスクール広島にはBABYMETALのボーカルSUMETAL(中元すず香さん)も在籍しており、一緒にダンスユニットを組んだ経験もあります。

両親は週末だけですが6年間、彼女をアクターズスクール広島に通わせ続けました。こうして6年もの間、努力を続けた事が遂に実る時がやって来たのです。

第9期メンバーとして加入

2011年1月2日のモーニング娘。9期メンバーオーディションにて、約9000名の中から選ばれた、新メンバー4人のうちの1人が当時小学6年生の鞘師里保です。

モーニング娘。として、実に4年ぶりのメンバー加入でした。

もっともモー娘。のメンバーとは前年の2010年に行われた「ファッショナブル」の舞台で既に共演を果たしており、既存メンバーの間では彼女の能力の高さは知られており間違いなく合格するだろうと予想されていたのです。

それだけでなくオーディション時も彼女は卓越したダンスの技術を披露しており、かつての後藤真希の様に別格扱いされていたという話でした。

こうして幼稚園の頃から憧れていたモーニング娘。に加入した当時の彼女は小学校6年生でしたが、お披露目でいきなりエース宣言して話題を呼んだのです。

しかも加入後初のコンサートツアーで5期メンバーで当時のモー娘。ではベテランだった高橋愛さんと新垣里沙さんの2人といきなりダンスユニットを組み、2人と遜色のないパフォーマンスを披露しました。

加入後数か月しか経たない新人の彼女が、当時エースだった高橋愛さんと同等のダンスパフォーマンスを披露した事は、モー娘。ファンの度肝を抜いたのです。

この様に華々しくアイドルデビューを飾った彼女ですが、2011年7月29日に右座骨神経痛により約6週間の在宅療養が必要と診断されて、ダンスを踊れない時期も経験しました。

同年8月、自身のソロ写真集イベントにより仕事に復帰しました。

そういった苦い経験も彼女を成長させる糧となり、復帰後は表現力の高まりを見せたのです。こうして着実に彼女は成長して行くと共に、1時代を築いた先輩達は次々にモー娘。を卒業して行きました。

2012年には、高橋愛や新垣里沙、光井愛佳などの主力メンバーが次々に卒業したモーニング娘。で鞘師里保は田中れいなと共にダブルセンターとなり、道重さゆみが8代目リーダーとして就任します。

アクターズスクール広島で幼いころから培った圧倒的な力強いパワフルなダンスパフォーマンス力を発揮してモーニング娘。の中心的存在になります。

モーニング娘。として史上最高記録となるオリコンシングルランキング5作連続1位の快挙達成した。

再ブレイクに絶対的エースとしてセンターで貢献します。

格好いいモーニング娘。を目指し、歌とダンスに磨きをかけていきます。

その圧倒的な力強いダンスパフォーマンスと高い歌唱力は、モーニング娘。の再ブレイクだけでなく、各方面のアイドルにも刺激を与え、鞘師里保に憧れてアイドルを目指す人も多く、また、マツコデラックスさんや松岡茉優さんなど多くの芸能人のファンも獲得していきました。

ダンスだけでなく歌唱力も高く、数多くのソロパートを、激しいダンスを行いながらセンターとしてこなしていました。
ダンスは歴代最高といわれ、身長155センチと小柄ながらも、まさにモーニング娘。の顔としてアイドルのトップとして活躍していました。

2014年11月26日に彼女にとって最後の先輩だった道重さゆみさんが卒業した事で、彼女は1番の古参のメンバーであり、絶対的エースとしてモー娘。を引っ張る存在となりました。

突然の卒業発表

かつてのエースの高橋愛から座を受け継いでファンを魅了し、先輩は道重さゆみしかいなくなり卒業後に最年長のメンバーとして引っ張っていくことが期待されていました。

そんな中、2015年10月29日にブログで大晦日にモー娘。から卒業する事を、いきなり発表して世間を驚かせる事になったのです。

そして同年12月31日、中野サンプラザで開催されたコンサートをもってモー娘。を卒業しました。

モー娘。に憧れる切っ掛けとなった「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」が在籍時最後の歌唱曲となりました。

「鞘師里保というひとつのジャンルというか、ひとつの形を確立して、違う土俵に立てるようになりたい。突き抜けたいです。」という言葉を残しました。

最後に個人的に心残りとしたことは紅白歌合戦に出場できなかったことで、2011年の加入依頼5年近くにわたってモーニング娘。に残してきた功績は素晴らしいものがありました。

突然の卒業発表でハロプロファンに与えた衝撃は大きく、その後は海外に行って何も情報が分からない状態が続いていました。

3年3ヶ月ぶりに表舞台に

その後の情報で、表舞台から姿を消しつつも、英語やダンスを磨くために海外留学を行っていたのです。そうして2019年3月30日に、「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」にゲスト出演して3年3ヶ月振りに表舞台に姿を現しました。

BABYMETALアベンジャーズとして出演の現在

更に同年6月以降の、BABYMETALの世界ツアーのアベンジャーズ(サポートダンサー)3名の内の1人として出演する事になったのです。

BABYMETALアベンジャーズ3人の全貌と出演パターン考察

今回の奇跡のコラボによって、BABYMETALメイトが鞘師里保さんに興味を持ったり、逆にハロプロファンがBABYMETALに興味を持ったりといった業界活性化の相乗効果が生まれてます。

BABYMETALでの活躍ぶりはこちらの記事にまとめました!

お互いのファンにとっては、元々の事務所が別々だとライバル関係になります。

しかし、戦国時代のように時期によっては大名同士が同盟を組んで、強力な戦力になる事もあります。ドラゴンボールで例えると悟空とフリーザ様が時にはタッグを組むような感じ(?)

今後このまま正規メンバーとして加入するのか、各方面のファンから注目を集めています。これからの活躍に目が離せません。