関東の温泉地と言えば箱根草津

 

どちらも温泉地として人気のエリアです。

 

箱根と草津、果たしてどちらが良いのか?
比較してみます!

 

温泉旅行をお考えの方はぜひご覧ください^^

 

 

箱根か草津どっちに行く!?旅行してみて特徴をレポート比較!

◆新宿駅からアクセスが良いのはどっち?

 

新宿駅からアクセスが良いのは箱根です。

 

新宿から箱根へはロマンスカー1本で約1時間30分

新宿から草津へは高速バス1本で約4時間

 

新宿から箱根と草津へのアクセス比較

都内で利用者の多い新宿駅から箱根・草津への交通手段を比べてみます。

 

箱根温泉の玄関口「箱根湯本駅」、
草津温泉の玄関口「草津温泉バスターミナル」がゴール地です。

 

※料金は2019年9月時点です。

 

新宿駅から箱根湯本駅へのアクセス

小田急ロマンスカー乗車⇒箱根湯本駅
乗換/0回
乗車時間/約1時間26分
乗車料金/片道2280円(運賃1190円+指定席1090円)

 

 

新宿駅から草津温泉バスターミナルへのアクセス

①高速バス
バスタ新宿・高速バス乗車⇒草津温泉バスターミナル
乗換/0回
乗車時間/約4時間
乗車料金/片道3540円~3750円

 

②電車+バス
<電車>
JR湘南新宿ライン(高崎駅で乗り換え)+JR吾妻線乗車⇒長野原草津口駅下車、バス乗換
※電車は他にもルートがありますが、
一番乗換数が少ないルートを記載しています。

<バス>
長野原草津口駅・バス乗車⇒草津温泉バスターミナル
乗換/2回(電車1回・バスへ乗換1回)
乗車時間/約3時間32分(電車約3時間12分・バス約20分)
乗車料金/片道3720円(電車3020円・バス700円)

 

 

新宿駅から近いのは箱根でしたが、
草津は新宿から高速バス1本で行ける点がとても便利ですね。

 

 

 

◆箱根と草津 観光のそれぞれの見せ場!

せっかくなら温泉だけでなく観光もしたいですよね。

 

まずは箱根の観光地。
箱根を代表するパワースポットと言えば箱根神社

 

源頼朝や徳川家の武将たちが戦の前に勝利を祈願した場所でもあります。
せっかく箱根に来たのなら参拝しておきたい神社です。

 

 

「黒たまご」が有名な大涌谷もおすすめです。

 

そびえたつ姿が圧巻です。

 

他にも、美術館や公園など観光地が多いです。

 

箱根のおすすめ観光地をこちらで詳しく紹介しています。

箱根の歴史と自然を楽しむオススメ観光スポット6選

 

箱根湯本の食べ歩きグルメはこちらをどうぞ!

箱根湯本のおすすめ食べ歩きグルメ♪かまぼこ店「龍屋清次郎」

 

 

続いて草津の観光地。
一番有名な場所は、湯畑です。

 

日本三名泉の1つである草津温泉。
自然湧出量は日本一!

 

湯畑は、毎分4000リットルの湯泉が湧き出ているそうです。

 

 

湯畑について詳しくはこちらで紹介しています。

草津温泉&草津観光名所の湯畑へ行ってきました!

 

湯畑周辺には、食べ物屋さん・お土産屋さんが多いので、
飽きずに長時間過ごせると思います。

 

草津のおすすめのお土産はこちらをどうぞ!

草津温泉のお土産!買って良かったおすすめ7選

 

 

そして、草津といえば湯もみ体験!

 

湯もみ板を持って記念撮影もできるので、
旅の想い出にも良いです。

 

個人的な意見ですが、
観光地は箱根の方が多いように感じます。

 

ただ、草津では湯もみという温泉地ならではの体験ができるのでどちらも甲乙つけがたいです。

 

 

 

◆箱根と草津 温泉の比較

 

それぞれの特徴と感想をまとめます。

 

私は熱めのお湯に浸かるのが好きなので、
高温の湯が特徴の草津温泉の方が好きです^^

 

箱根の温泉の特徴

まずは箱根温泉から。
「箱根十七湯」という名の通り17種類の温泉があります。

 

土地によって泉質が変わってくるので、
透明orにごり湯が好き・硫黄の香りが好き・・・などと
自分の好みに合わせて温泉を決められる点が良いと思います。

 

肌触りが柔らかく癖のない温泉の単純温泉、
殺菌力が強い硫黄温泉、
皮膚の角質を軟化する作用のある炭酸水素塩泉などがあります。

 

箱根の数ある温泉の中で、私は小涌谷温泉が好きです。
純食塩泉なのですが、お湯の色は透明でじんわり身体が温まってとても気持ち良かったです。

 

箱根旅行の時に小涌谷温泉にある「水の音」という旅館に泊まり、温泉を堪能しました。

 

小涌谷温泉「水の音」についてはこちらをどうぞ。

箱根 小涌谷温泉のおすすめ旅館!水の音 温泉と食事が好パフォーマンス

 

草津の温泉の特徴

続いて草津温泉。
湯畑源泉の泉質は、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)。

 

草津の温泉は硫黄がたくさん含まれているのが特徴。
入浴後に真湯などを浴びる人も多いのですが、
残り香が気にならなければ浴びない方が入浴の効果が高く維持されるそうです。

 

お湯の温度が高温であるのも特徴。

 

草津旅行の時に「木の葉」という温泉宿に宿ったのですが、こちらの温泉が最高でした。

 

熱い湯とぬるめの湯があったので交互に入ると最高に気持ちが良かったです。

 

お湯は透明でした。

 

草津温泉「木の葉」についてはこちらをどうぞ。

草津温泉おすすめ宿!お宿木の葉(このは)に泊まってきた!

 

 

 

まとめ

新宿から近いのは箱根。

 

観光名所が多いのは箱根。

湯もみ体験をしたければ草津。

 

温泉の泉質にこだわりがあれば箱根。

硫黄の香りが好き・熱いお湯が好きであれば草津。

 

と言ったところでしょうか。

 

どちらも魅力的な温泉地です!

 

 

関連記事