毎年の冬の北海道旅行へ、ラビスタ大雪山へ泊まってきました^^

 

旭岳の山中ある秘境な雰囲気満載のホテルです。

 

利用は二度目ですが、お気に入りのポイントは豪華なフレンチの夕食・源泉掛け流しの温泉・山の雰囲気抜群の客室ってところでしょうか。

コストパフォーマンスも良かったです。

 


スポンサーリンク

ラビスタ大雪山フォレストビュークラシック和洋室

宿泊した部屋はこちら。フォレストビュークラシック和洋室という、洋室と和室の混合タイプです。

コタツでのんびりできます。窓の外は旭岳が見えます。木の造りが部屋の暖かさを感じます。

 

自分自身で豆を挽いて作る珈琲セット一式です。珈琲好きにはたまらん(。-ω-)♪

 

お茶も充実してます。

 

ラピスタ大雪山 夕食(フレンチフルコースディナー)

夕食のフレンフルコースのディナー会場です。こちらも木の造りが良い雰囲気です^^

 

夕食はフレンチフルコースディナーにしました。カジュアルディナーというのもありましたが、こちらは量が少なめのコースでしたので、沢山食べたいのでフルコースを選びましたw

 

フルコースメニュー

フルコースのメニュー表です。

 

とりあえずビールで乾杯♪

 

前菜とスープ

前菜です

 

スープのパイ包みとパンです

 

中身はこんな感じ。暖かいパイと一緒に食して、美味しかったです。

 

名物ラクレットチーズ

ラビスタ大雪山の名物ラクレットチーズです。じゃがいもとかぼちゃに溶かしたチーズをかけてくれます。

これが楽しみで、フレンチフルコースにしました。しかもお代わり自由で、3回頼んじゃいました。カジュアルコースだとこのラクレットチーズはメニューに付いてないとの事です。

盛り付けはこんな感じ。ワインに最適だね!

 

魚料理と肉料理

魚料理の銀鱈の香草焼きです。盛り付けが美しい!

 

牛ホホ肉の赤ワイン煮です。肉が柔らかくて、とろけました!

 

デザート

最後にデザートっす

味と量共に大変満足な夕食のフレンチフルコースでした。

 

フルコースとカジュアルコースの違い

プランを見たら、フルコースとカジュアルでは、大分料理の品数が変わってました。

フルコース→名物ラクレットチーズ有り・サラダバー有り・肉料理か魚料理両方有り

カジュアルコース→名物ラクレットチーズ無し・サラダバー無し・肉料理か魚料理どちらか一品

※上記は2018年2月時点の情報です。変更になっている可能性もあります。

 

自分らは夕食目当てもあったので、フルコースの方がカジュアルコースより宿泊料金が2、3千円高めなのですが、満喫するなら奮発してフルコースという感じです^^

 

夜食サービスのラーメン

ラビスタ系列のホテルは、夜食に無料でラーメンが食べられます^^これもよくラビスタにお気に入りで宿泊する理由の一つです♪

22:30〜23:00頃にオープンしてました。タダなので食べに行きます。

ハーフサイズな量で、夜食に最適ですわ

 

温泉は源泉掛け流し

温泉は源泉掛け流しの透明な色の良い湯質でした!

温泉の温度もぬるめで長湯ができるタイプです。

貸切お風呂は全部で3つあって、特に予約制では無く、空いていればメンテナンスの時間以外はいつでも入れるとの事でした。

 

ラビスタ大雪山の施設見学

アイスバー

 

今年2017〜2018年バーションのアイスバーは、より作りがパワーアップしてました!氷の細かい彫刻がより凝ってました!今回は入らずに寝てしまった(汗

 

館内のバー

ロビーの近くにバーがあります。奥には暖炉もありました。

 

バーはこんな感じ

 

暖炉です。あったかい〜

 

暖炉と外の雪景色を見ながら、ビールとカルアーミルクでまったり♪

ラビスタ大雪山の感想

毎年宿泊してますが、夕食の豪華さとお部屋の綺麗さ温泉とどれを取っても好パフォーマンスで、いつも満足しております。

 

その割に値段もリーズナブルで、今回のフルコースは15000円ちょっとで泊まれました。

 

関東圏内だったらこれだけのパフォーマンスのホテルだったら2万超えますわ!箱根だったら間違いなく2万超えているだろう印象のあるホテスでした。

 

ラビスタ大雪山最高〜


スポンサーリンク