家電製品で有名なハイアールのCMが話題になっています。

歌手が誰であるか分からなくて気になる人も多いのではないでしょうか?

ハイアールとは中国の家電メーカーで、日本でも多くの製品が販売されています。

ハイアールのCMの歌手は?

ハイアールのCMの歌手ですが、アイラヴミーと言うバンドグループの一人で『さとうみほの』さんが歌手を務め歌い上げています。

さとうみほのさん経歴

本名は【さとうみほの】のままなのか分かりませんが、生年月日は1994年5月18日で神奈川県出身です。

なお、作詞と作曲をされていて髪型がおしゃれですが、同級生にいじめられていて居場所を見つけることをきっかけにELLEGARDENの曲に出会い歌手になりました。

アイラヴミーは2016年に結成したバンド

アイラヴミーといえば初めて名前を耳にする人も多いですが、2016年に結成されSpotifyの人気プレイリスト「キラキラポップ:ジャパン」のカバーでした。

職業はシンガーソングライターですが意外と知名度が低く、髪型も変わっていて今まで知らなかった人も多いと思われます。所属するバンドは3人組で、ボーカルとギターとベースから構成されています。

アイラヴミーはNHKの「みんなのうた」において書き下ろしの楽曲の「答えを出すのだ」が放送されるぐらいしか情報がありませんが、さとうみほのさんはTwitterやNoteで情報発信を行っています。Twitterでは近況報告を行いNoteでは日記やブログのような記事を書いているため、知らない方は参考にすると良いと思います。

アイラヴミーと言うグループ自体は2016年に結成されたグループでNHKのみんなのうたにて楽曲を提供するなどの活動も行っているグループです。

なおアイラヴミーのグループについては、3人で構成されており、野中大司さんがギター、井嶋素充さんがベース、そしてさとうみほのさんが、ボーカル&ギターを担当しています。

さとうみほのさんは、サブスクリプションと言う現在のメディア技術を利用することで日本国内だけではなく海外にも楽曲を公表し、注目を浴びている人物の一人で歌を聞かせるということを第一としながらグローバルサウンドを掲げることで海外でもその歌声を響かせている人物の一人になります。

ハイアールのCM曲『愛あるね』に関して

ハイアールのCMの曲は『愛あるね』という曲名です。

これから始まる新生活へ向けて作られています。大学生が親元を離れて一人暮らしをしますが家電製品を購入する必要があり、そのときの心境に合わせドキドキ感とワクワク感の両方をうまく表現したものになっていることが特徴です。

CMの特徴はハイアールの家電製品の冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機の隣でギターを弾き、歌声で大切なものであるとアピールしているため買いたいという欲望を持てるようにさせてくれます。

歌声も素敵でハイアールの家電製品を知るきっかけになりそうで、生活のパートナーであるということが実感できていい曲だと思わせてくれます。

ハイアールといえば個性的なデザインをした家電製品を販売し、日本でもそれなりに知名度が上がっています。このCMはさらにその良さをアピールして売れるように考え出されたものになり、歌手のさとうみほのさんの名前も同時により多くの人に覚えてもらえるか期待できそうです。

CMの感想


ハイアールのCMの曲に関してですが、まずハイアールってなんの会社?と言うことを考えた場合、CMでその企業を紹介する必要性があります。

しかし、CMを造り上げ紹介する上で重要となるのは歌唱力と透明性が求められ、ここで言う透明性とはCM内容のわかりやすさを指し歌手に求められる物は日本語として聞き取りやすいかが問われるのです。

その上でCMを評価しますとアイラヴミーのさとうみほのさんの歌声は優しい歌声でかつ聞き取りやすい歌声で語り口調であることからCMソングにおいては企業イメージを定着させやすいと判断します。

企業からしてみればCMソングと言うのは企業のイメージを根付かせるには最も効率的でかつ身近なフレーズでも十分イメージを定着可能です。

反面、間違ったイメージソングや企業に沿わないイメージソングを歌いあげた場合、企業のイメージを損ねたり、企業自体の商品のイメージも悪化するため、歌い手を選ぶことと企業のイメージを謳うイメージソング作りも慎重を期さなければなりません。

ハイアールはそれらをクリアしたが故、youtubeなどで自社の製品やサービスを紹介するCMを多く立ち上げており、さとうみほのさんはイメージ作りにアイラヴミーは一躍を買っていると言えます。

その上でテレビCMソングは15秒から長くとも30秒程度でCMを作成していることを考えた場合、身近なフレーズでありながらもハイアールと言う会社や商品を紹介している所を見れば覚えてもらいやすいCMソングであると言えます。