2021年になってから、音声SNSのClubhouse(クラブハウス)がブームになりつつあります。

このClubhouse(クラブハウス)ですが、ほかのSNSと違うのが、登録は招待制になっている点です。

招待には自身の電話番号が必要になるため、個人情報のセキュリティは大丈夫なのかという心配がネット上で上がってきてます。

クラブハウスの電話番号の個人情報は大丈夫か

Clubhouse(クラブハウス)は招待制の仕組みに少し問題があります。

招待制のSNSとなっている為、自らサインアップして利用するといったことはできません。そして、その招待は利用している人なら何度でも行えるというものでもなく、行うことができる回数が決まっています。

その回数を使い切ってしまうと、もう招待はできないのかと言えば、実はそういう訳でもなく、Clubhouseを利用するスマホの電話番号によってそれを行うことができる仕組みとなっています。

きちんとした人に招待を受けないと、この電話番号を流出してしまう可能性があるので注意してください。

詳しくは下記の記事にまとめました。

電話番号でどうやって招待するの?


電話番号では直接の招待こそ行えませんが、誰か(Aとします)のスマホでClubhouseのアプリのダウンロードされ、最初の電話番号の登録が行われた時に、その番号が既に利用している誰かのアドレス帳の中にあると、その人に対してAを招待するかといったメッセージが表示されます。

ここで招待するを選ぶと、本来の招待できる数とは関係なく、AをClubhouseが利用できるように招待することができます。

招待枠がまだ残っている場合、その数が減ることはありません。

誰かが利用していれば招待を受けられますが…


このような特別な招待が可能となっている為、知っている誰かがClubhouseを利用していれば、その人に迷惑を掛けることなく招待を受けることができます。

個人情報流出の危険性から、あまり知らない人に招待をお願いするのはやめておきましょう。

SNSで見知らぬ人からの招待は危険性大!

他のSNSや掲示板などで、「電話番号を教えてくれれば、Clubhouseにい招待します」といったような書き込みを見るようになりました。

これはこれはかなり危険なパターンだと考えられます。本当に招待してもらえるとは限らず、単に電話番号などの個人情報を収集しているだけの危険性があるからです。

金銭を要求された例もあります

招待の為に電話番号を伝えて、更に性別や年齢などまで教えてしまうと、それらの情報が何に使われるか分かったものではありません。

また、どうしてもClubhouseを利用したいと考えている人をターゲットに、招待する代わりに電子マネーなどによっていくらかの送金を促すケースも増えています。

このような金銭の要求がある時には、ほとんどのケースで本当に招待はしてもらえないと思った方がいいでしょう。

下手をすると、個人情報を教えた上に金銭までとられてしまうことになるので、決してそういう誘いに乗ってはいけません。

信頼できる人から招待を受けましょう


既にClubhouseを利用している人に電話番号を教えていれば、その人から招待が受けられます。知らない人には決して頼らず、そういった人が誰も居ない場合でも、誰かが他の人からClubhouseへの招待を受けるのを待ちましょう。

この電話番号で招待を受けられるという点を悪用した、先のような詐欺まがいの行為が実際に見られるのがClubhouseにおいて一番気を付けなければいけない点になります。

利用を始めた後は、一度再生されたメッセージ(他のSNSで言うところの書き込み)はアーカイブ(保存)されないという性質から、その他の点では従来のSNSより安心して利用することができると言って構わないのがClubhouseです。

音声データーは運営が録音している疑惑

上記のようにクラブハウス内で会話した音声は運営側が録音してデータとして保存しているのではないかという憶測が飛び交っています。

あくまで噂です。

中国企業に音声データが転送される疑惑意外にも、今のPCの性能だったらクラブハウス上の会話は画面録画で誰でも簡単に保存できます。

個人情報の保護の観点から言うと、クラブハウスには不明瞭な点が多すぎる気がしますね。

もう少し用心深く利用した方が良さそうな気がします。

Clubhouse関連記事

Clubhouse(クラブハウス)の特徴と登録方法を解説

クラブハウスで招待枠を減らさずに招待する方法がある?

クラブハウスは招待コードが無くても始めることができる?

クラブハウスの個人情報は大丈夫?危険性や気を付ける点は?