従来のSNSでの文字の代わりに、音声を使うという新しい形のSNSとして話題のClubhouse(クラブハウス)は、原則的に招待制となっています。

つまり、既に利用している人から招待されないと利用することができない作りで、かつてのmixiもそのような形でスタートしたのは記憶に新しいところです。(今のmixiはそうではなくなっています)

また、1人につき5人(2021年1月25日より従来の2人から5人になりました)までしか招待できないという制限がある為、利用したいのになかなか誰にも招待してもらえないという人も多いと思いますが、この招待がないとClubhouseは利用できないという訳でもありません。

招待コードなしでの登録方法とは?


Clubhouseのアプリをダウンロードし、最初に電話番号を登録します。これは、Clubhouseを利用する為に必要な設定で、既に利用している人も同様に設定しているので安心して行ってください。

ここで、その電話番号がClubhouseを利用している人の誰かのアドレス帳に入っていた場合、その人にあなたを紹介するようにメッセージが送られます。もしその人が既に5人の枠を使い切っていたとしても、招待コードを送ることができます。まだ招待枠が残っている時でも、その枠を減らさずに招待が可能です。

この方法を使えば、招待コードが無くてもClubhouseに登録を行うことができます。ただし、その人から実際の招待がないといけないので、後はそれ待ちということになります。

繋がりがあるからこそのClubhouse


登録した後の招待は誰にでも送ることができますが、この方法で招待をしてもらうには、自分と既に利用している誰かと何らかの繋がりがある(からこそ、その人のアドレス帳に電話番号がある訳です)必要があります。

電話番号を登録しても誰からも招待が無かった場合には、自分の電話番号をアドレス帳に登録している人に利用者が居ない、または居たとしても招待を拒んでいるということです。(これらは自分からは分かりません)

ですが、最初に一度登録しておけば、すぐに招待が来なかった場合でも、後から誰かに招待されてClubhouseを始めた人のアドレス帳に電話番号があれば、そこでその人に通知が届き、そこから招待してもらえる可能性があります。よって、Clubhouseを始めたいけど招待してくれる人が誰も居ないという人は、アプリをダウンロードして、電話番号の登録まで行っておくといいでしょう。

Clubhouse関連記事

Clubhouse(クラブハウス)の特徴と登録方法を解説

クラブハウスで招待枠を減らさずに招待する方法がある?

クラブハウスは招待コードが無くても始めることができる?

クラブハウスの個人情報は大丈夫?危険性や気を付ける点は?