Clubhouse(クラブハウス)には招待枠があります
Clubhouseは音声に特化したSNSとして話題になっており、是非始めてみたいと考えている人も大勢居ると思われます。ですが、完全な招待制となっている為、自らサインアップしてアカウントを作ることはできません。

このSNSを始めるには、既に利用している誰かから招待してもらうしかありませんが、その招待できる数に制限が設けられており、1アカウントで5人(2021年1月25日現在です)までしか招待のメールを送ることができません。

招待枠が増やす方法は無いが、減らさない方法はある!!


現在のシステムでは、招待枠を増やす方法はこの5枠を使い切ってしまうともう招待することができなくなってしまいます。

後のことも考えて、無闇にその枠を減らしたくないと考えている人も多いです。その為に、利用している人を知っていても、そこから招待を受けることができないという歯がゆい思いをしている人も居るでしょう。

招待枠を減らさずに招待ができる方法


実はClubhouse(クラブハウス)では、招待枠を減らさずに人を招待することができます。その為には招待する予定の人に予めClubhouseのアプリをダウンロードしてもらい、最初の電話番号の入力を行ってもらう必要があります。

この時点でその電話番号が利用者の誰かのアドレス帳にあると、その人に招待するかどうかといったメッセージが送られてきます。これによる言わば特別招待では枠は消費しない為、大切な招待枠を温存しながら相手をClubhouseに誘うことができるのです。

後からでも大丈夫です


招待したい人がアプリのダウンロード、電話番号の入力まで終わった後に、その電話番号をアドレス帳に登録しても、その時点で招待するかというメッセージが送られてきます。

これを利用すると、電話番号さえ分かれば何人でも招待枠を使わずに招待することが可能です。

招待の悪用には気を付けてください


このシステムを利用した、Clubhouseに招待してあげるので、そちらの電話番号を教えて欲しいといった誘いが見られますが、全く知らない人の場合はそのような誘いには乗らない方が無難です。Clubhouseを餌にして、電話番号などの個人情報を集めているだけのこともあるからです。

いくらClubhouseを始めてみたくても、このような詐欺まがいの行為には引っかからないようにくれぐれも気を付けてください。安全の為には、実際に知っている人がClubhouseを利用している場合にお願いをするのが一番です。

Clubhouse関連記事

Clubhouse(クラブハウス)の特徴と登録方法を解説

クラブハウスで招待枠を減らさずに招待する方法がある?

クラブハウスは招待コードが無くても始めることができる?

クラブハウスの個人情報は大丈夫?危険性や気を付ける点は?