12月18日、ドコモから新プランが発表されました。

「大容量プラン(ギガホプレミア・5Gギガホプレミア)」の方に目がいきがちですが、一緒に紹介された「はじめてスマホプラン」もネット上で好評です。

こちらの記事では、小容量データの値下げプランである「はじめてスマホプラン」について詳しくご紹介していきます。

「ガラケーからスマホに変えたい」「ガラケーを使っている両親にスマホを勧めたい」とお考えの方は、ぜひご参考ください。

ドコモのはじめてスマホプランとは?

12月18日に発表された「はじめてスマホプラン」の詳細は以下のようになります。

  • 2021年4月1日開始予定
  • 基本料金:月額1650円(税別)
  • 対象:FOMAからの契約変更、他社3G回線からの乗り換え
  • データ通信:1GB(超過後は128kbps)
  • データの追加:1GBあたり1000円
  • 通話:5分以内の国内通話無料(+1000円でかけ放題)

5分間の通話無料が付いていますし、容量をほとんど使わない方には料金的に大変お得なプランになっています。

デメリットを挙げるとすると、データ超過後の通信速度が著しく遅くなることと、データ追加料金が1GBあたり1000円とやや割高になっているところでしょうか。

ただ、ガラケーを使う世代であれば、それほどデータを使わないのではないかとも考えられます。

下記でも触れますがホームページに記載されている「1480円」というのは、dカード支払い割が適応された値段です。基本料金は月額1650円になります。

割引は何がある?

  • dカードお支払い割:−170円
  • はじめてスマホ割:−500円(12ヶ月間)

2つの割引を使うと、最初の12ヶ月は「月額980円」、13ヶ月目以降からはずっと「月額1480円」になります。

「はじめてスマホ割」はガラケーからスマホに乗り換えた方が対象です。

出典:ドコモHP

「はじめてスマホ割」は2021年3月31日に新規申し込み受付を終了するようです。

「はじめてスマホプラン」の提供は4月1日からでも、割引を使うためには3月までに契約する必要があるということですね。

ドコモの「はじめてスマホプラン」世間の反応は?

はじめてスマホプランに対して、ネットではどのような声が上がっているのか見てみましょう。

これを機にFOMAからスマホに変えようという意見が見られます。

「ahamo」では、キャリアメールが使えなくなりますが、「はじめてスマホプラン」に変えても「〜docomo.ne.jp」のキャリアメールは残ります。

現在ガラケーを持っている可能性の高い高齢者の方が乗り換えても、メールが残っていれば安心ですね。

現在スマホを持っている人は加入できないのは確かに残念です。

まとめ

今回はガラケーからスマホへの乗り換えでお得な「はじめてスマホプラン」についてご紹介しました。

ガラケーではない人でも、「はじめてスマホプラン先行キャンペーン」を活用すれば小容量プランの値下げも可能になっています。

その詳細については、他の記事にご紹介していきますね。