12月10日より日本通信の「ドコモ対抗プラン」が開始されています。

月額では日本通信が圧倒的に安いのですが、本当に値段だけで選択しても大丈夫なのでしょうか?

こちらの記事では日本通信SIMとドコモ(ahamo)を比較してみました。

プランを選ぶ基準についてもご紹介していますので、ぜひご参考ください。

日本通信SIMとドコモ(ahamo)の特徴を比較!

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」とドコモの「ahamo」の特徴を簡単に確認してみましょう。

日本通信SIM(合理的20GBプラン)の特徴

  • 2020年12月10日開始
  • 月額1980円(税別)
  • 16GB(ahamoが開始すると20GBに増量)
  • 通話は月に70分は無料(専用アプリ不要)

※データの追加は1GBごとに250円です→最大30GBまで1GBごとの上限を設定できます(自動でデータが増え続け、気づいたら携帯料金が高額になったという事態を防げます)

※通話が70分を超過する場合は10円/30秒になります→通話を多用される方には「合理的かけホプラン(月額2480円でかけ放題・3GB)」もあります。

ドコモ(ahamo)の特徴

  • 2021年3月開始予定
  • 月額2980円(税別)
  • 20GB(超過後の速度は1Mbps)
  • 通話は5分以内無料(+1000円でかけ放題)

※データ量の追加は1GBごとに500円になります

※通話が5分を越える場合は20円/30秒になります

日本通信 SIMとドコモ(ahamo)を比較!どちらがお得?

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」とドコモの「ahamo」を比較してどちらがお得なのかは、みなさんの利用状況によって変わってきます。

日本通信(合理的20GBプラン)がおすすめの人

  • とにかく携帯料金を安くしたい
  • 5分以上の通話をよくする
  • 通信速度が多少遅くても気にしない

合理的プランの無料通話は「月に70分」なので、一回の通話時間に縛りはありません。5分を越える通話をよくされる方にはおすすめです。

また、日本通信をはじめとするMVNO(格安SIM)は大手キャリアと比較すると通信速度が遅くなってしまう傾向があります。

特に「朝夕の通勤時間」「昼休憩時間」といった、皆が一斉に通信する時間帯には通信スピードが大幅に落ちてしまう可能性もあります。

ネットスピードにあまりこだわらない人なら、合理的プランはおすすめです。

ドコモ(ahamo)がおすすめの人

  • 通信速度にはこだわりたい
  • 一度の通話時間が短い(5分以内)
  • 月のデータ使用量が20GB前後である

ahamoは、格安SIMのように回線の使用状況に左右されないため、スピードは安定しています。

また、ahamoの場合は20GBを越えても1Mbps(中速)にスピードは保たれます。(合理的プランはデータ超過後の速度を発表していませんが、おそらく低速になってしまうことが考えられます)

月によって20GBを多少越えてしまうことはあっても、低速回線ほどのストレスにはならないのではないでしょうか。

まとめ

ここまで、日本通信SIMの「合理的20GBプラン」とドコモの「ahamo」を比較してみました。

特に「通信速度」「通話」の面で、おすすめのプランが変わってきます。

こちらの記事を参考に、みなさんの生活にあったプランを選んでいただければ幸いです。

携帯値下げ関連記事

ドコモの値下げプラン「アハモ」をオススメする5つの理由

ドコモの「アハモ」には罠がある?考えられる注意点を徹底解明!

【ahamo】キャリアメールが使えないデメリットと対策は?

楽天モバイルとドコモ(ahamo)を徹底比較!どちらがお得?

【ソフトバンク】ワイモバイルの新プラン「シンプル20」まとめ

auが新プランを発表!ネット上で大不評の理由とは?

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え方法は?節約方法も紹介!

携帯料金の値下げ大手プラン比較!おすすめの携帯会社はどこ?

au→UQモバイルへの乗り換え方法はこれでバッチリ!

日本通信SIMのドコモ対抗プラン(月額1980円)とは?

ドコモの既存プラン(ギガホ)値下げの詳細は?大容量使う方は必見!

日本通信SIMとドコモ(ahamo)を徹底比較!どちらがお得?

ソフトバンク新プラン発表!「 ソフトバンク on LINE」の詳細

ソフトバンク新プラン!ワイモバイル、大容量プランはどう変更した?