最近3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の新プランに注目が集まっていますよね。

その影に隠れていますが、日本通信SIMがドコモ(ahamo)への対抗プランを12月10日よりスタートしています。

しかし、聞きなれない携帯会社のために「やたら安いプランがあるけど何なのこれ?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな皆さんの疑問に応えるべく、「日本通信SIMのドコモ対抗プラン」について分かりやすくまとめてみました。

日本通信SIMの発表したドコモ対抗プランってなに?

12月4日、日本通信SIMがドコモのahamoに対抗する形で「合理的20GBプラン」を発表しました。

合理的20GBプランの詳細は以下のようになっています。

  • 月額1980円(税別)
  • 2020年12月10日開始
  • 16GB(ahamoが開始すると20GBに増量)
  • 通話は月に70分無料

※データを超過する場合は1GBごとに250円

※通話が月70分を超える場合は10円/30秒

ドコモのahamoは月額2980円(20GB、無料通話時間が5分間)です。

ahamoでも破格の安値になっているのに、合理的20GBプランはさらにその上をいく安さとなっているのです。

日本通信SIMって何?

日本通信SIMはMVNOのメーカーの一つです。

MVNOとは、NTTドコモなど大手携帯電話会社の回線を借り受け、安い通信サービス(格安SIM)を提供している事業者のことをいいます。

日本通信SIMはドコモから回線を借りているため、通話は快適だといわれています。専用アプリも必要ありません。

日本通信SIMドコモ対抗プランのデメリットは?

MVNO(格安SIM)のデメリットは、「朝、夕方の通勤時間」「昼の休憩時間」など、皆がスマホを使う時間帯に回線スピードが落ちやすくなる点です。

大手携帯会社の回線を借りているといっても一部だけになりますので、皆が一度に使用すると渋滞する可能性が出てくるのです。

Twitter上をみると、現在(2020年12月17日)は回線スピードには問題ないようです。

しかし、あくまでも「今のところは」という表現になり、契約者が今後増えるとスピードが遅くなってしまう可能性もあります。

まとめ

ここまで、日本通信SIMが発表したドコモ(ahamo)対抗プランについてご紹介してきました。

月額をはじめ、無料通話時間もahamoよりお得になっていますが、通信速度が今後どうなるか分かりません。

ネットのスピード気になるという方は、しばらく様子を見てみるのもよさそうですね。

携帯値下げ関連記事

ドコモの値下げプラン「アハモ」をオススメする5つの理由

ドコモの「アハモ」には罠がある?考えられる注意点を徹底解明!

【ahamo】キャリアメールが使えないデメリットと対策は?

楽天モバイルとドコモ(ahamo)を徹底比較!どちらがお得?

【ソフトバンク】ワイモバイルの新プラン「シンプル20」まとめ

auが新プランを発表!ネット上で大不評の理由とは?

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え方法は?節約方法も紹介!

au→UQモバイルへの乗り換え方法はこれでバッチリ!

日本通信SIMのドコモ対抗プラン(月額1980円)とは?