新型コロナウィルス感染症によって影響を受けた観光業や飲食業などの事業者に対して、期間限定で消費需要を喚起するためのさまざまなgo toキャンペーンがあります。

飲食産業のために、go to イートが本格的に開始されました。

雇用や事業の継続、および新型コロナウィルス収束後の地域の再活性を目的として設立されたキャンペーンです。

このgo toイートの仕組みと利用方法をまとめてました。

go to イートの仕組み


go to イートはGoToキャンペーンのなかでも、飲食店の事業継続を目的としています。go to イートでは飲食店の消費需要を喚起するために、オンライン予約サイトを通じて飲食店利用でポイントの付与、および地域のプレミアム商品券の販売をおこないます。


オンライン予約サイトでは、次回利用時に使えるポイントが利用人数や時間帯に応じて付与されます。プレミアム商品券は、地域内の登録店舗で使えるプレミアムをつけた商品券が地域で販売されます。


go to イートキャンペーンに参加する店舗は、新型コロナウィルス感染症対策を徹底していることが条件です。また、利用者にも新しい生活様式にのっとった利用が呼びかけられています。

go to イートの使い方・利用方法


go to イートを利用するには、オンライン予約サイトを使う方法と、プレミアム商品券を購入する方法があります。

オンライン予約サイトの使い方

オンライン予約サイトの場合は、「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」などのグルメ予約サイトで行います。

go to イート対象店舗を予約すると、次の利用時に使用できるポイントがランチなら1人500円、ディナーなら1人1000円付与されます。

オンライン予約サイト予約開始時期
ホットペッパーグルメ2020年10月1日
ぐるなび2020年10月1日
一休.comレストラン2020年10月1日
食べログ2020年10月1日
OZmall2020年10月1日

ランチ499円以下・ディナー999円以下はポイント対象外

ポイントの付与には条件があり、ランチなら1人499円以下、ディナーなら999円以下と、利用額が付与されるポイントを下回る場合は付与されません。

また、席のみ予約なども対象外となっています。デリバリー、ケータリング、テイクアウトもポイント付与の対象外です。

ポイント上限は10000ポイント


また、1回の予約あたりで付与されるポイントの上限は、10000ポイント(10人分までです。ポイントが付与されるタイミングは、グルメ予約サイトによって異なります。ポイント付与は2021年1月末までで、還元されたポイントの有効期限は2021年3月末までと予定されています。

プレミアム商品券の使い方


プレミアム商品券を購入する方法は、地域で定められた購入場所で25%のプレミアム商品券を購入し、登録されている店舗で使用する方法です。

商品券額は地域によって異なりますが、たとえば1万円で購入できるプレミアム商品券は、1万2500円分利用可能です。また、一度に購入できるのは1人あたり2万円までの制限があります。