2020年9月17日(日本時間)にアップルがios14を公開します。

ゲリラ的なアップデート発表な感じの印象があります。

ios14で変わることはいろいろありますが、気になるiphoneでの変更点や注意事項をまとめてみました。

iOS14の変更点

ホーム画面にウィジェットが置ける


ios14ではホーム画面の好きな場所にウィジェットを置く事が、可能になりました。そのため知りたい情報をウィジェットを用いて、手軽にチェックする事が可能です。

しかも2ページ目以降にも設置可能な上に、スライドでして情報を切り替える事も出来ます。

この様にウィジェットを自由かつ便利に利用出来る様になった点は、大きな利点と1つです。

アプリを見付け易い


あれば便利だと思いついついiPhoneに様々なアプリを追加してしまう人は、少なくありません。実際にストアには次々に便利アプリが登場しているので、ついついアプリを入れ過ぎてしまいます。

ですがアプリを入れ過ぎてしまうと、いざアプリを使用する際に画面がゴチャゴチャしていて、見付け難くなってしまうものです。ios14ではAppライブラリを用いる事で、アプリを見付け難いという状況を回避出来ます。

Appライブラリはホーム画面の最後のページに表示され、アプリを自動的にカテゴリー別に分類してくれるのです。しかもアプリの使用状況等を考慮した形で、分類してくれるので目的のアプリを見付け易くなります。

更に検索を使えばアルファベット順に並んだ中から、簡単にお目当てのアプリを探し出す事が可能です

Siriの使い勝手も向上


これまでは、全画面表示で使っていたSiriがコンパクトなデザインに生まれ変わりました。

お陰で他のアプリと併用しながら、Siriを用いる際もより便利かつ手軽に使える様になっているのです。加えてSiri自身の知識量も増えており、3年前と比べると何と20倍に増加しています。

翻訳アプリも追加


ios14では翻訳アプリが追加され、2つの言語を選んだ上で直感的に使用する事が可能です。

テキスト翻訳だけでなく音声翻訳にも対応しており、テキストの読み上げ機能も備えています。翻訳アプリに必要な機能は一通り備わっているので、通訳アプリとしてだけでなく、外国語の学習にも利用可能です。

アップデートする際の注意点


ios14は様々な新機能を盛り込んでいる上に、これまで使えた機能もよりパワーアップしたり快適性が向上しています。

ただしゲームアプリを日常的に利用している人は、注意が必要です。ios14にまだ対応し切れていないゲームアプリは数多く存在しており、OSアップデートを実施すると正常にゲームが動作しなくなる恐れがあります。

不具合報告に関しては、こちらの記事にまとめました。

ios14アップデート 不具合・エラー・バグ報告まとめ

アップデートの前に普段プレイしているゲームがios14に対応している状態か確認する必要があります。

実際にFate/Grand Orderや22/7音楽の時間といった人気のゲームアプリは、対応するまでアップデートを控える様に呼び掛けを行っているのです。

だからこそ自分がプレイしているゲームアプリが、きちんとios14に対応しているのを確認してから、iPhoneのアップデートを行う事をおすすめします。