コロナの感染拡大が心配される中、2020年も8月22〜23日にかけて24時間テレビが放映されました。

番組によって毎年多くの募金を集めているのにも関わらず、「24時間テレビは偽善だ!」という意見をよく目にしますよね。

こちらの記事では24時間テレビが偽善といわれる原因をSNSの反応から考察してみました。

24時間テレビが偽善と言われる原因は?

SNSの反応を見ますと、24時間テレビが偽善と言われてしまう主な原因は、「出演者にギャラが発生していること」にあると考えられます。

  • チャリティーではなく、仕事になっている
  • 仕事として感動の押し売りをしているだけ

ということですね。

また、「募金じゃなく、出演者のギャラを寄付すればいいんじゃないか?」という考え方もできます。

番組は肯定しつつも、「出演者はノーギャラでやるべきだ」という意見も見られます。

また、番組の細かい収支報告がされていないことも、24時間テレビの信用を落とす1つの要因になっていると考えられます。

もちろん、「元気をもらった」「この番組のおかげで助かっている人もいる」という肯定意見も見られます。

しかし、検索した限りでは、肯定より否定意見の方が多くなっています。

24時間テレビが偽善と言われないためには?

今後、24時間テレビが偽善と言われないためには、こちらの2点が必要になってくると考えられます。

  • 出演者はノーギャラにする
  • 細かい収支報告をする

番組のホームページでは「福祉」「環境」「災害復興」に寄付金が使われていると書いてありますが、細かい収支報告はされていません。

また、ギャラはもらっても全て寄付するのであれば、視聴者からの批判も減るのではないでしょうか。

一方、「芸能人は募金を集める広告塔だから、仕事としてお金をもらうのは当たり前だ」という意見もあります。

様々な意見がありますが、それだけ24時間テレビが国民の興味、関心を引いているということがよくわかります。

まとめ

24時間テレビは毎年夏の風物詩として、国民から大きな注目を集めています。

賛否両論ありますが、24時間テレビをきっかけに寄付、募金に興味を持つ方も沢山いらっしゃることを考えると、たとえ偽善であっても番組の存在意義は十分にあるといえるのではないでしょうか。