家賃支援給付金の申請に不備があった場合、事務局から不備があったことを知らせる不備メールが届きます。
申請は7月14日に始まりましたが、事務局で申請確認作業が進められているようで7月下旬ごろから不備があった方には不備メールが届いているようです。

どのような不備が多いのか?ネット上の声をまとめます。

家賃支援給付金 不備 ネット上のまとめ

一番多い不備内容は賃貸借契約書の添付

ネット上の声で一番多い不備内容は、家賃契約を自動更新でしている方の賃貸借契約書の添付についてだと思われます。

下のツイートにありますが、自動更新の場合は「賃貸借契約等証明書」を提出する必要があるようです。

「賃貸借契約等証明書」のフォーマットは、家賃支援給付金申請HPよりダウンロードできます。

「賃貸借契約等証明書」のフォーマットはこちら

不明点がありましたら、家賃支援給付金お問い合わせ・相談窓口へ連絡することをおすすめします。

その他の不備内容

家賃支援給付金の申請は個人的になかなか難しいものでした。
その為、不備があるのは仕方ないことだと思います。
提出する添付書類が何種類もあるため、それに関する不備が多いようです。

申請サイトの説明が分かりにくい部分もあるため、不備が出てしまうのも仕方がないのではないかと思います。
もし不備メールが届いた場合は落ち着いて内容を確認し、よく分からない場合は速やかに家賃支援給付金のお問い合わせ・相談窓口に確認することを推奨します。

まとめ

不備がある場合は、7月下旬から不備メールが事務局から送られ始めているようです。
メールの他にも、マイページにも通知が来るようなので、まだ何も連絡が来なくて不安という方は、申請時のマイページもチェックしてみることをおすすめします。