7月14日(火)より、家賃支援給付金の申請がスタートしています。
申請の際にいくつか必要な提出書類があるのですが、その中のひとつに「賃貸借契約書」というものがあります。
大家さんや不動産会社などの賃貸人と、いつからいつまで契約しているか等が示された契約書です。

申請をされる方の中には、賃貸借契約書なんて手元にない・どこかにいってしまった、などと契約書が手元にない方も多いようです。
契約書がない事により、家賃支援給付金の申請を諦めてしまう方もいるようなのですが、代替えとなる書類を提出すれば申請出来ます。

このブログでは、賃貸借契約書がない場合の代替えとなる書類についてご紹介します。

賃貸借契約書が無い場合は「賃貸借契約等証明書」を代わりに提出すればOK

賃貸借契約書というものが手元にない・存在しない場合は、代わりに「賃貸借契約等証明書」を提出することで家賃支援給付金の申請が出来ます。

もともと賃貸借契約書と言うものがない・紛失してしまったという方は、「賃貸借契約等証明書」をご用意ください。
次の項目で、フォーマットのダウンロード先を添付しているのでよろしければぜひご活用下さい。

賃貸借契約等証明書のフォーマットはこちらから

家賃支援給付金のHPより、PDFの賃貸借契約等証明書の既定のフォーマットをダウンロードすることが出来ます。
下にダウンロード先を添付しますので、ぜひご活用下さい↓↓

賃貸借契約等証明書のフォーマットはこちら

証明書は用紙1枚で難しい内容ではありません。記入にそこまで時間はかからないと思います。

賃貸借契約等証明書の書き方

家賃支援給付金のHPに書き方の見本が載っていますので引用します。
下の画像の青文字の部分に自身の情報を書き込めば完成します。

『賃貸借契約等を証する契約書等が存在しない理由』を記入する項目が途中にありますが、こちらは「紛失のため」など簡潔に書いて良いそうです。

『賃貸人(大家さんや不動産会社)』の住所等を記入する欄があるので、誤りのないよう注意が必要です。

こちらの証明書は、特に家賃の支払い先(大家さんや不動産会社)に書いて貰ったりサインを貰う必要はないので、自分で書くだけです。
なので、書くのに時間もそこまでかからないと思います。

まとめ

長く今の場所に住んでいる方は、しばらく賃貸借契約書を見る機会がなかったと思うので、いざ用意手元しようとしたら手元になかった、、という方も多いようです。

契約書がないから申請はやめよう。。という方もいるようなのですが、契約書の代わりとなる賃貸借契約等証明書があるので、諦めずにぜひ申請して頂きたいです!