家賃支援給付金の申請開始が7月14日からスタート致しました。

個人事業主(フリーランス)対象の現状分かる範囲の情報をまとめます。

【家賃支援給付金】個人事業主対象の全貌

給付内容

給付内容

・中堅・中小企業の支給額:月家賃の2/3(上限50万円)×6ヵ月分
・個人事業主の支給額:月家賃の2/3(上限25万円)×6ヵ月分

給付金は、6ヶ月分が一括で申請者本人に支払われます。

対象者となる条件は

対象条件

・2020年5月~12月間で、2019年の同月の売上と比べ50%以上減少または、連続する3ヵ月で30%以上減少している場合
・中堅・中小企業、個人事業主(フリーランス)の方
飲食店や小売の店舗、事務所などのオフィスの賃料も対象

自宅兼事務所の場合はどうなるのか?下のブログでまとめています↓

【家賃支援給付金】 自宅兼事務所の場合は対象?

駐車場代は含まれるのか?下のブログでまとめています↓

【家賃支援給付金】駐車場代は対象に含まれる?

申請開始はいつから?

2020年7月14日(火)から2021年1月15日までが申請期間です。

対象つきが2020年5月〜12月なので、連続する3ヵ月で30%以上減少している場合で申請の場合は、最速で8月からの申請になりますね。

5月6月7月の3ヶ月が減少の対象になるので、仕方かない事ですが、せめて今年の3月から対象にして欲しかったです。

3月が一番新型コロナの影響を食らったと思うのですがねえ・・・

申請方法は

オンライン申請のみの予定です。

家賃支援給付金申請ページ

必要書類は?

必要書類

・2019年確定申告書
・売上減少がわかる書類(売上台帳等)
・本人確認書類(免許証など)
・預金通帳
・賃貸契約書
・家賃の支払いが分かる直近3ヶ月分の家賃支払い証明書が必須

直近3ヵ月分の家賃支払い証明書とは?下のブログでまとめています↓

【家賃支援給付金】申請時に必要な3ヵ月分の支払い証明書とは?

上記必須書類の他に必要になってくるであろう提出書類をまとめました↓

【家賃支援給付金】申請に必要な書類は?

まとめ

家賃支援給付金の申請は、2020年7月14日に申請スタートしました。業種によっては持続化給付金以上の給付額を得ることも可能だと考えられます。

持続化給付金より多少申請作業が複雑ですが、多くの個人事業主が給付されることを祈ります。

新たな情報が入り次第このブログを更新します。