家賃支援給付金の申請が、いよいよ7月14日(火)からスタートします。
申請するにあたって、こういう場合はどうなんだろう?とネット上で疑問が多かったことに関して、家賃支援給付金の申請のガイダンス等をもとにQ&Aとしてまとめてみました。

個人事業主の方も申請対象です。これから申請されようとしている方がいらっしゃいましたら、ご参考までにぜひご覧ください。

家賃支援給付金 Q&A集

こんな場合は対象になる?

Q:個人事業主で自宅兼事務所の場合は対象か?
A:対象になります。
但し、自宅が持ち家ではなく借りている場合のみ申請出来ます。
そして、事務所として使用しているスペースのみが対象となります。
事務所として使用している事が分かる書類(確定申告の収支内訳書等)の提出は特に求められていません。

Q:自宅(持ち家)を自宅兼事務所にしている場合は対象か?
A:対象ではありません。
持ち家(土地)の場合は対象外です。

Q:賃貸人と賃借人が夫婦や親子の場合は対象か?
A:対象ではありません。
一親等以内の取引は対象外なので、親と子、夫婦は対象外です。
申請者の兄弟や祖父母・親戚の場合は対象になります。

Q:賃貸人と賃借人が親会社・子会社の場合は対象か?
A:対象ではありません。
その他にも、会社の社長などが親族関係にある場合なども対象外です。

家賃以外は対象になる?

Q:駐車場・資材置き場も対象か?
A:借りている土地であれば対象になります。

Q:管理費や共益費も給付に含まれる?
A:含まれます。
但し、管理費および共益費が、賃料について規定された契約書に規定されている場合は対象ですが、賃料とは別の契約書に規定されている場合は対象外です。

Q:消費税も含まれる?
A:含まれます。税込の金額が給付対象です。

売上に関する提出書類

Q:確定申告書の控えに収受日付の押印または電子申告の日時・受付番号の記載がない、e-Taxの場合は受信通知がない場合は?
A:「納付証明書」と確定申告第一表の控えを一緒に提出すれば代用となります。「納付証明書」は、税務署の窓口か書類提出またはオンラインで発行できます。発行方法は、下のブログの「受信通知もない場合・納付証明書」で紹介しています↓

【持続化給付金】確定申告書に収受印(受領印)が無い場合は?e-taxや郵送の場合の対応方法も解説

Q:「申請にもちいる売り上げが減った月・期間の売上台帳など」とは?
A:売上台帳が一番良いと思います。
経理ソフト・Excel・手書きのいずれかで作成すれば大丈夫です。
売上台帳をこれから作る方は、下のブログで書き方やフォーマットもありますのでぜひご活用下さい↓

売上台帳の書き方は?エクセルや手書きの場合も解説【持続化給付金と家賃支援給付金対応】

家賃に関する提出書類

Q:「直近3ヵ月分の賃料支払実績を証明する書類」とは?
A:直近3ヵ月以内に、3ヵ月分の賃料を支払った事が分かる書類の提出が必要です。
具体的には、
・銀行通帳の表紙の写し+3ヵ月分の支払い(引き落としや振込み)が分かるページの写し※インターネットバンク等は画面の画像
・ATMで振り込みをした際の振込明細書
・賃貸人が発行した領収書

一番用意しやすいのは、銀行通帳だと思います。
通帳の写しやインターネットバンクの画面の写しを提出する場合、該当する引き落としや振込みが一目で分かるように、振込先・振込日付・振り込み金額をマーカーなどで印をつける必要があります。

Q:「賃貸借契約書」がない(存在しない)場合はどうするの?
A:①賃貸借契約等証明書(7月14日までに様式を公表予定)と②直近3ヵ月間の賃料の支払い実績を証明する書類を提出することにより、「賃貸借契約書」の代用となります。

①は決められた様式(フォーマット)があるようですが、7月9日現在まだ公表されていません。
14日までに公表する予定ということです。

Q:2020年3月31日から申請日までの間に、引っ越しをしたなど以前の契約を終了して新たな契約をしている場合
A:①2020年3月31日時点で有効であった「賃貸借契約などを証明する書類」②申請日時点で有効な「賃貸借契約などを証明する書類」の写し③直近3ヵ月間の賃料の支払い実績を証明する書類を提出することにより、申請出来ます。

引っ越し前・引っ越し後の契約書類が必要で、➀は引っ越し前の賃貸借契約書等、②は引っ越し後の賃貸借契約書等のことです。

まとめ

いよいよ7月14日(火)より家賃支援給付金の申請がスタートします。
当日は申請サイトが混み合う可能性があります。

今から必要書類を用意しておくことをおすすめします。