BABYMETALは今年2020年に結成10周年イベントとして、あの聖地である目黒鹿鳴館で10DAYSイベントを開催することが判明しました。

新型コロナウィルスの影響でBABYMETAL10周年イベントはどうなるのか心配でした。とりあえず無観客ライブなのかは不明ですが、どんな形であれ今後の活動の発表は一安心するものです。

BABYMETALにとって目黒鹿鳴館とは?

目黒鹿鳴館といえば、過去に米米クラブ・LUNA SEA ・ GLAY ・ MALICE MIZERなどの大物バンドがライブの拠点として活動していた場所でもあり、約40年の歴史を持つ伝統的なライブハウスです。

なぜBABYMETALにとって目黒鹿鳴館が聖地かというと、BABYMETALにとって初めてのワンマンライブを行った会場だったのです。

2012年7月21日に「LEGEND 〜コルセット祭り」と題して目黒鹿鳴館で会員限定の初のワンマンライブが開催されました。

会場のキャパも300人くらいと、ライブハウスらしく凄まじい熱気で満員電車で満員の中でライブを見ているような感じだったとのレポートがネット上の報告でありました。

2012年7月21日目黒鹿鳴館セットリスト

1. ド・キ・ド・キ☆モーニング
2. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
3. いいね!
4. イジメ、ダメ、ゼッタイ
<アンコール>
5. ヘドバンギャー!!
6. BABYMETAL DEATHテキストが入ります。

小さい会場だからこそ、感じることが出来る息遣いなど彼女たちの存在を身近に感じることが出来るという点では、当時のメイトさんは貴重な経験だったのでは無いでしょうか!今ではなかなか近くで見ることが出来ないので、ライブハウス級の近くで見れたことは今ではプレミアですね。

ただ、ライブ自体はかなりの盛り上がりを見せてくれたので、すごく楽しくて思いっきり楽しむことが出来ました。どのライブよりもすごく盛り上がっていたのではないかと思います。


BABYMETALは今では大人の女性になってしまい、女性の色気などがすごいのですが、当時の映像を見るとは本当に小さい女の子たちが一生懸命パフォーマンスをしているという感じで初々しかったですね。

あれから年月が経過し、大人になって目黒鹿鳴館に戻ってきたBABYMETALはどのようなパフォーマンスを見せるのか超注目なイベントであることに間違いなさそうです。

ネット上の反応

目黒鹿鳴館10DAYSイベントは無観客配信か???

新型コロナの影響でどのアーティストも今年のライブ活動再開の目処がたってない状況でお客さんを入れてのライブは考えにくいですね。しかも目黒鹿鳴館の300人キャパだと蜜になりますしね。

有力なのは、10DAYSのうち何日かは有料配信の無観客ライブを予想してます。

続報に期待したいですね^^