持続化給付金の振込が5月8日頃からスタートしていますが、5月1日に申請したのにまだ振り込まれていない、という方も多いようです。

そんな中、『審査に入ると持続化給付金のマイページに赤枠が表示されている』『審査が終わると赤枠が消え、申請不備がなければ入金間近となる』という話題がネット上に多く上がっています。

実際にそのような経験をされた方もいらっしゃいますので、ネット上の報告をまとめます。

申請フォームの赤枠とは?

持続化給付金のオンライン申請マイページに【お知らせ】 現状の状況と今後の流れについて赤枠で囲まれて表示されている事を意味します。

下のツイートでは、赤枠について持続化給付金のラインアカウントに問い合わせした際の返答が報告されています。

回答は、赤枠を個別の審査状況により表示しているわけではないという事です。
果たしてこの回答は本当なのでしょうか。

赤枠出た時の対応方法

赤枠が表示されたら、審査中のサインのようです。

実際に、赤枠が表示されている状態だと入金が完了していない方が多く見受けられます。
気持ちは焦ってしまうかもしれませんが、不備通知やメールが来ていないかを確認し、来ていない場合はそのまま入金を待つが良いようです。

下のツイートによると、赤枠が表示されていて不備通知がなければすでに審査が完了している説もあります。

不備の通知が来ていなければ、ただ赤枠が消える事を待つのみのようです。
これは自分で何度もマイページをチェックするしかないですね。
事務局から審査が終わりましたというなんらかの一報があるだけでも気持ちは違うのになと思ってしまいます。

赤枠消えた後の入金報告

赤枠が消えた後に入金が確認出来た方の報告を見ると 『赤枠が消えた翌日に入金が確認出来た』というケースが多いです。

このことから、赤枠消える=入金が近いという話が真実であることが分かります。

以上のツイートを見てみると、赤枠が消えてから入金されている事が分かります。
やはり噂の通り、赤枠が消えると入金が近いようです。

まとめ

ある時からネット上で、持続化給付金の赤枠が話題になっていました。
そして、実際にまとめてみると赤枠がある内は入金されていない・赤枠が消えてから入金があったという声が多いので、赤枠が入金間近であることを示している可能性が高いことが分かりました。

『まだ赤枠が消えていない』『入金がきてない』という方が一日も早く安心できる時が来ることを願うばかりです。

現在発表されている給付金・貸付金関連記事

現在政府から発表されているコロナウィルス の影響による給付金・貸付金の条件や申請方法は下記の記事にまとめました。

【最大100万円】個人事業主への持続化給付金の申請条件は?

【持続化給付金】 青色申告と白色申告の申請対象条件の違いを解説

持続化給付金 必要書類をフリーランス歴10年が解説

【持続化給付金】売上げ台帳の書き方は?エクセルや手書きの場合も解説

【持続化給付金】確定申告書に税務署の収受印(受領印)が無い場合は?

【持続化給付金】個人事業主向Q&Aをフリーランス歴10年が解説

【持続化給付金申請手続】不具合(ログインできない・エラー)報告まとめ

【持続化給付金】スマホでの申請方法を画像付き解説

【持続化給付金】赤枠消えたら入金間近?ネット上の報告まとめ

持続化給付金は課税対象に(涙)確定申告は経費で差し引ける?

【家賃支援】個人事業主の支給条件と申請開始時期は?

【フリーランス】緊急小口資金20万円の 貸付金の申請方法

持続化補助金とは?申請条件や期限をフリーランス歴10年が解説

【10万円給付 】スマホでの申請方法を画像付き解説

10万円給付でマイナンバーカード無くて通知カードでの申請方法は?

【10万円給付】マイナンバーのパスワードを忘れた時の対処法