新型コロナウイルス感染症対策の一環として、国民一人当たりに一律10万円が給付されることが決定となりました。
一時は空中分解しそうになっていた10万円の給付金がここに来て現実となり一安心です。

支払い方法や給付時期についてまとめます。

【5/5更新】 一律10万円給付の概要

下記、現時点で判明している概要です。

5/5更新

●対象者の所得制限無し
4月27日時点で住民基本台帳記載の全ての人が対象
●子供も対象(例:親2名子供2名の場合、10万×4人→40万)
●郵送かオンラインでの申請受付を予定
●支給は銀行振込の予定
●申請開始日から期限は3ヶ月以内

一律10万円給付の申請方法は

10万円給付の申請方法はこちらの記事にまとめました。

スマホ版での申請方法です。

4月16日現在、給付対象者は「国民一人当たり」という言葉だけ発表されているため、詳細は不明です。

国民一人につき一律10万円の給付ということですが、国民とはどこまでのことを括っているのでしょうか。

ネット上でも、給付金が貰える対象者を気にする声があります。

年齢関係なく給付されるのか、家族がいる方は自分の子供が貰えるのか気になりますよね。

下のツイートのように、10万円の給付金が必要ないという方もいます。

年金受領者はどなるのでしょうか。

困っている方に!という考えの方もいらっしゃいます。

給付金は不要という方もいらっしゃると思います。
議員やタレントさんとかはどうなるのかなとか思います。
そういう方向けに、返金等の対策もあるかもしれないですね。

申請方法は?

郵送申請かオンライン申請のどちらか選べる方式の予定です。

下記はスマホでの申請方法をまとめました

下のツイートにもありますが、この期に及んでどこかに出向いて手続きをすることは避けたいことろです。

もしも市役所などで申請することになったら、、混雑するでしょうし心配です。

下のツイートのように、マイナンバーを利用するべきという声を良く耳にします。国民一人一人につけられた番号なので、こんな時こそ活用できそうですよね。

給付時期はいつから?

現時点5月で申請開始している自治体があります。

しかし、遅い地域では6月に申請開始になるとのことです。

一刻も早く支給して欲しいというのが個人的な願いです。
今の政府は何にしても遅いイメージがついてしまっています。
国全体で見たらとても大きなお金が動くので大変だとは思いますが、困っている人がたくさんいる状況です。

一刻も早い給付を切実に祈るばかりです。

全国に5月6日まで緊急事態宣言が通告されました。
なので、最低でも5月6日までには給付されるべきではないかと思います。

あまりに遅いとこの給付自体あまり意味のないものになってしまいそうです。。

現在発表されている給付金・貸付金関連記事

現在政府から発表されているコロナウィルス の影響による給付金・貸付金の条件や申請方法は下記の記事にまとめました。

【最大100万円】個人事業主への持続化給付金の申請条件は?

【持続化給付金】 青色申告と白色申告の申請対象条件の違いを解説

持続化給付金 必要書類をフリーランス歴10年が解説

【持続化給付金】売上げ台帳の書き方は?エクセルや手書きの場合も解説

【持続化給付金】確定申告書に税務署の収受印(受領印)が無い場合は?

【持続化給付金】個人事業主向Q&Aをフリーランス歴10年が解説

【持続化給付金申請手続】不具合(ログインできない・エラー)報告まとめ

【持続化給付金】スマホでの申請方法を画像付き解説

【持続化給付金】赤枠消えたら入金間近?ネット上の報告まとめ

持続化給付金は課税対象に(涙)確定申告は経費で差し引ける?

【家賃支援】個人事業主の支給条件と申請開始時期は?

【フリーランス】緊急小口資金20万円の 貸付金の申請方法

持続化補助金とは?申請条件や期限をフリーランス歴10年が解説

【10万円給付 】スマホでの申請方法を画像付き解説

10万円給付でマイナンバーカード無くて通知カードでの申請方法は?

【10万円給付】マイナンバーのパスワードを忘れた時の対処法

まとめ

国民一人当たりに対して一律10万円が給付されることが決定し、安心しましたがいつ?どう給付されるの?と詳細を知るまでは心の底から安心出来ないのが正直なところです。

いち早く給付についての詳細をこのブログ内でお伝え出来ればと思います。