横浜のシュウマイで有名な老舗崎陽軒が、隔離中のダイヤモンドプリンセス号の乗客・クルー等に焼売弁当を差し入れる心温まるニュースが入ってきました。

そこまでは良かったのですが、4000個のお弁当を差し入れ後、賞味期限が切れて結局乗客まで焼売弁当は届かなかったとの事です。

ネット上のお弁当差し入れる時のニュース時の反応と結局届けられず賞味期限切れになった時の反応をまとめてみました。

崎陽軒が差し入れを申し出て、シウマイ弁当を届けたまでの経緯

新型コロナウイルスの影響により、ダイヤモンドプリンセス号の乗員乗客は船から下りることができていないです。

船の中で隔離状態なのでストレスも溜まっていることが予想されますし、美味しいものを食べたいと思っている人もたくさんいるはずです。

その方達のために動き出したのが有名な崎陽軒です。

崎陽軒といえば横浜駅の駅弁などでも有名な会社で、シウマイ弁当は看板メニューです。

差し入れを申し出たきっかけはやはり新型コロナウィルスの蔓延で船から下りれない乗客の方々のため、企業が善意で行うためでダイヤモンドプリンセス号に4000食届けられることになりました。

その船は鶴見区にある大黒ふ頭に接岸中で、3800名の乗組員がそのまま閉じ込められ現地の医療支援などにあたっている自衛隊などに向けて合計で4000個届けられたようです。

2月12日の昼食で提供できるよう納品

2月12日に昼食として食べれるように善意で行いましたが、実際には行き渡らなかったという衝撃的な結末になってしまいました。

シウマイ弁当の定価は860円で4000個となれば崎陽軒は約350万円も負担したことになり、やはり横浜のシンボルのシウマイを扱う会社としてのプライドを感じさせてくれます。

崎陽軒のシウマイ弁当の寄付は社長が横浜市港湾局に相談し、荷物の積み込みをする代理店を紹介されて通関と交渉しました。

その後、12日の10時に準備した4000食の弁当を配送車で大黒ふ頭に運んで納品し11時までには船への納品が済んでいました。

しかし、12日のお昼に乗客に手元に到着するはずのお弁当が13日になっても届いていないということが分かりました。

乗客まで届かなかった理由の4つの考察

乗客まで届かなかった理由は4つ考えられます。

①単純な連絡ミス

一つ目は単純な連絡ミスによるものです。おそらく現場は今までに無い事態で混乱状況にあると思います。食事のスケジュールはすでに出来上がっていて、民間企業による善意の差し入れがあることが内部まで伝わっていなかった可能性もあります。

どこかで情報が間違って伝わってしまい、乗員乗客の手元まで届けることが出来なかったのかもしれないです。

②クルーズ船を完全に隔離したい

国や県、市などはクルーズ船内に関係者以外の人物、または物が入ることを懸念している可能性が高いです。外部からの差し入れの中に、何か怪しいものが入っている可能性もゼロではないです。

あらゆるリスクを回避するために、仕方なく崎陽軒のシウマイ弁当を届けなかったことも十分考えられます。これ以上リスクが大きくなることを防ぐための作戦であった可能性もあります。

③融通が利かない

世間の多くの人は、崎陽軒の差し入れを素直に受け入れれば良いではないか」と思うかもしれませんが、国や県、市もプライドがあるので素直には受け取れないのかもしれません。

恩を受けたら返さなくてはいけないというのが社会のルールでもあるので、恩を受けるのが嫌だったという考え方もできます。

④賞味期限を把握していなかった

賞味期限があるものを優先して配るという融通を利かせることが出来なかった可能性も否定できないです。

食料品でもカップラーメンのように長期保存できるものであれば、すぐに届けなくても問題ないかもしれませんが、崎陽軒のシウマイ弁当のように賞味期限があるものは最優先で送り届けなければいけないです。

たくさんの物資がある中で、関係者は優先順位を考える余裕がなかったということもありえる話です。

ネット上の反応

最後に

せっかく崎陽軒の社長が差し入れたシウマイ弁当が届かなくなりましたが。

崎陽軒の申し出の時点で、代理店が持ち込めないことを伝えるなど配慮しても良さそうなのに、いきなり通達されると崎陽軒側の善意を無にした行為にも感じてしまいます。

乗客も差し入れのニュースを聞いたときは、楽しみにされていたと思います。

打ち合わせは行われましたが、シウマイ弁当は賞味期限が短くて持ち込めないことをこの時点で伝え、せっかくの好意を無にしてしまったことが残念です。

おそらくは通関の時点で何かしらの問題があったようですが、やはり食中毒を起こしてしまえば元も子もない状態になってしまいます。

また、ダイヤモンドプリンセス号の乗客は10日間も船内に閉じ込められていたため、大変なものだったとも推測されます。

新型コロナウィルスはこのようなことも引き起こしてしまいますが、今後は収束がいつになるのか気になるところです。

東京オリンピックもありますし、この時期まで続けば衛生管理は大変で関係者もかなり混乱しそうです。このことをきっかけに、新型コロナウィルスに対する食事の扱い方を決めて混乱しないようにすることを願いたいです。