2020年の2月5日から富士フィルムさんの新しいカメラのプロモーション動画がアップされました。

これが1日でかなり炎上してしまい視聴することができなくなってしまっています。

このプロモーション動画に出演されているカメラマンって一体誰なの?という声もあがっており、早速調べてみました。

富士フィルムの炎上したCMに出ているカメラマンはだれ?

富士フィルムのCMに出演されているカメラマンは鈴木達朗さんという有名な写真家です。

1965年生まれ、45歳で東京都出身です。

世界的な写真の大会で審査委員長を務められたこともありますので、写真家の間ではかなり有名なのでしょう。

写真にあまい興味が無い人は知らないかもしれませんね。

特にストリートスナップ写真が有名で街中の風景を撮影したような写真がInstagramにもアップされています。良い写真を撮りたいという想いがとても強い写真家でいつもカメラを持ち歩きベストショットのタイミングを逃さないのです。さすがプロですね。

富士フィルムのCMの感想

さてそのような写真に対して情熱を持っている写真家が出演した動画にも関わらず、どうして炎上してしまったのか気になります。

この動画では、ストリートスナップ写真を撮影しているのですが、許可なく撮影している雰囲気があったため大きな問題となってしまったようです。

確かに知らない人に勝手に写真を撮影されていたら、盗撮だって思ってしまうのではないでしょうか。

しかしスナップ写真というのは日常のできごとや光景を撮影するものなので、事前準備とかあると自然な写真ではなくなってしまうというのも納得できないわけではありません。

でもやっぱり写真を撮影されるのは嫌だって思っている人もいると思いますので、むやみに撮影して知らない間に自分が写っている写真が出回っていたという事にはならないで欲しいものです。

撮影された写真がもしどこかで出回っていて、それにより損害があった、精神的なダメージを受けたという場合は、何らかの措置を取らなければいけないことになりますが、今回はまだそのような事態になったわけではありません。

しかし動画を見て盗撮だと不快感を得た人がいるという事で炎上してしまったのでしょう。

せっかく新商品のPRをしたかったのにもったいないことになりましたね。富士フイルムも謝罪コメントを挙げていました。

しかし、今回のようなプロモーション動画に限らず、街中でカメラを構えている人は沢山見かけます。

知らない間に自分がその写真に入ってしまっている場合もあるわけです。これは今回の動画に限らず多くの人が写真を撮影する時に周りへの配慮が必要だという事も考えなければいけないと言えるでしょう。