『てち』こと平手友梨奈さんが欅坂46を脱退することが、2020年1月23日に発表になってしまいました。

同時に、鈴本美愉さんと織田奈那さんの欅坂46卒業佐藤詩織さんの活動休止が発表されました。

メンバーによって『脱退』と『卒業』で表現が異なっています。どちらも欅坂46を抜ける形になるのですが、表現の違いと平手友梨奈さんが『脱退』という言葉を選んだ真意を考察してみました。

欅坂46てち(平手)はなぜ脱退と表現したのか?

各メンバーの表現の違い

平手友梨奈:脱退
●鈴本美愉:卒業
●織田奈那:卒業
●佐藤詩織:活動休止

※下記は、あくまで個人的な考察になります。

卒業と脱退の違いの考察

卒業は一度離れてしまうと戻れないですが、脱退という表現を使っている理由はのちに戻ってくることに含みを残していると思われます。

卒業を発表すると基本的に撤回することは不可能ですが、脱退と表現すれば状況に応じて復帰させることを視野に入れていると感じています。

おそらくはこの発表の前に運営側が菅井友香さんや守屋茜さんと話し合い、平手友梨奈さんを休ませることを考えていたようです。

そうすれば、ファンの方もまた戻ってくると信じ、離れることを防ぐことができます。「欅坂46イコール平手友梨奈」という考え方を持つファンの方もかなり多く、ここで「卒業」と発表してしまうと騒ぎになると考えた可能性が高いです。

鈴本美愉さんと織田奈那さんの卒業は予想していましたし、理由としましては選抜制や週刊文春に取り上げられたことなどで居づらくなったからだと思います。

平手友梨奈さんはすべての曲でセンターを務めているため、ここで卒業してしまうと代役がいないことを考えてあえて脱退という扱いにしているようです。

この間の欅坂46は平手友梨奈さんのイメージから脱却できるようメンバーの育成をするチャンスですし、小林由依さんや二期生の田村保乃さんなど次の曲のセンターに抜擢して新たな風を吹き込めるようにすれば良いと思います。

個人的には今までこのようなことを引っ張っていたのか疑問ですし、元ひらがなけやきが日向坂46と独立して今年は大きく飛躍することが予想されます。

このため、新年早々欅坂は修羅場になりますが、センターの座を精神力が強くプロ意識が高い小林由依さんや長濱ねるさんを彷彿とさせる田村保乃さんにバトンタッチして乗り越えてほしいものです。

平手友梨奈さんが卒業ではなく脱退という表現は、なぜ?

平手友梨奈さんは欅坂でセンターを貫き通し、卒業してしまうとファンの方がショックを受けるということで名目上は脱退という扱いにしていると思われます。

あえて卒業という言葉を使わなかったことは万全の状態になればまた復帰させる計画があり、菅井友香さんをはじめ石森虹花さんなどが事あるごとに平手友梨奈さんのことを心配していたため休ませるように考えたと言えます。

この発表は私から見れば結束力を見せるチャンスでもあり、二期生も含めてうまく育成して成長させるタイミングだと思っています。おそらくは、小林由依さんをセンターに据えて次の曲を出し、これが成功すれば大躍進につながる可能性が高いです。

その後は自信も付いたため二期生の田村保乃さんや森田ひかるさんなどをセンターに据え、積極的に新しい曲をリリースすれば盛り上がれると思います。

また、個人的には怪我が多い平手友梨奈さんを無理して引っ張るより小林由依さんのような安定感が強いメンバーを中心にすると良さそうで、去年は二期生も欅共和国やアリーナツアー、東京ドームなどを経験して成長しているためすぐに立ち直れそうです。

平手友梨奈さんについては体調が万全の状態にして戻ってこないと見ている側からも不安で、個人的にはこの決断は早くすべきだったと思っています。