箱根駅伝で選手が履いていた厚底ランニングシューズは。急速に話題沸騰になりました。

この厚底シューズを履いていた選手等は好記録を連発!

世界陸連は、この厚底シューズが他のシューズに比べてあまりにも好記録が出過ぎたことを受けて、禁止する方向で波紋をよんでいます。

さて、この厚底シューズの気になる商品名を調べてみました。

ナイキ厚底シューズの商品名は?

箱根駅伝で活躍したピンク厚底シューズの商品名は
ナイキの『ナイキ ズームXヴェイパーフライ ネクスト%』です。

『ナイキ ズームXヴェイパーフライ ネクスト%』はヴェイパーフライシリーズの商品の1つとなります。

ヴェイパーフライシリーズとは

ヴェイパーフライシリーズのシューズは、『軽さ』と『接地面への負担軽減』を追求した作りとなっています。

靴底にカーボンプレートという最先端の航空宇宙素材を導入しています。

『ナイキ ズームXヴェイパーフライ ネクスト%』の性能は?

性能面に関しては、こちらの記事に詳しく書きました。

箱根駅伝の選手たちから『ナイキ ズームXヴェイパーフライ ネクスト%』に関してのインタビューを聞いていると、ランニングスピードが上がったというよりは、疲労軽減や膝への負担軽減、耐久性が上がったというコメントが多いです。

マラソンは耐久レースなので、負担軽減がいわゆるタイムアップに繋がるという事になります。

世界陸連は、禁止の方向で話を進めてますが、以前にもスピードスケートや水泳ではメーカー技術革新で従来の道具と比べてタイム差があって議論になったことがあります。

スポーツは単に身体能力の競い合いだけではなく、メーカー間の技術を競い合う場であるので、突出した高性能な道具が出たから不公平と解釈するのはいかがなものかという印象です。