東進ハイスクールの板野博行講師が逮捕されましたね。

いやあ〜現役受験生やその先生にお世話になった受験生にとっては衝撃的なニュースだったのではないでしょうか?

板野博行先生といえば、伝説の古文単語集『ゴロゴ』の著者で有名です。

このゴロゴですが、受験生にとっては古文を勉強する上で、どのような影響があったのか?評判をまとめてみました。

逮捕の東進講師・板野博行著書 伝説の著書

古文単語集ゴロゴとは?

ゴロゴとは板野博行著作の古文単語を語呂で覚えられるようになるという古文単語集になります。

ゴルゴ13の主人公を表紙に【古文単語ゴロゴ】と単行本のような本を出版していました。

スタディカンパニーから2013年7月に出版され、297ページあり通販で価格は990円で送料無料で入手可能です。

内容はフザけた名前のような感じがしますが、大学入試センター試験の22年間の過去問を徹底分析して出題傾向を元に解法テクニックを解説しています。

板野博行氏は東大模試で1桁順位を取りまくる模試荒らしとしての伝説があり、参考書を立ち読みして内容を覚える特殊能力を備えていました。

ドラゴン桜でも取り上げられた人気予備校教師としても有名で、ゴロゴ板野という名前で古文や漢文、日本史や生物などの参考書を出しています。

ゴロゴの特徴

ゴロゴはおそらくは板野博行氏本人がゴルゴ13のファンのためペンネームにしたようですが、古文や漢文だけでなく日本史や生物などの参考書も手掛けています。参考書や講義の内容からはぶっ飛んだ内容も多いですが、興味を持って勉強できるようになる何かの力がありました。

世界一分かりやすい講義で参考書のゴロゴの内容を見ればファンになってしまうほどで、自らの経験をもとに内容を考えていることが特徴です。

ゴロゴの評判 

ゴロゴの評判は多くの受験生が分かりやすいと良く、東進ハイスクールで有名な講師で参考書もかなり売れていました。

しかし、雑談を交えた論理的思考がメインで、板書が足りないことや読解記号を理解できないと難しいなどの意見もあります。

入試のテクニックの解説には定評がありますが、上級者レベルの生徒たちからは疫病神と呼ばれるなど悪い評価もあったようです。

なぜなら、これは従来の古文単語の勉強の仕方とはかなり違っていてかなり変わったイラストが使われていたりして合わない人には合わないからです。

特に古文の単語を覚える作業を真面目にやりたいと思っている人にはあまり評判は良くないようです。

ですが、これまで古文の勉強が苦手で楽しくないと思っていた人にとってはこのゴロゴという古文単語集はかなり伝説となっています。

というのもこのゴロゴという古文単語集はかなり遊び心があると評判 ではありますがいざ受験対策として使うと物足りなさを感じる人が結構いるからです。

またゴロ自体にもかなり不満を感じる人もいるようです。
ゴロで覚えるという以上は無理やりなゴロは納得できないという声が出るのは当然だと思います。

逆に変なゴロを覚える事になってしまって良くないと思う人もいます。
ただ、ゴロゴの特徴としてあるのがギャグが強めでそれに加えてイラストを多用しているというのがあり、古文にかなり苦手意識がある人が使っても楽しみながら学習できるというのがあります。

なので、なんとかして自分の古文の苦手意識をどうにかしたいと思っている人には良いですが特に古文の単語を覚えるのが苦手とか古文に苦手意識がない人が使ってもそれほど良いとは思えないというのがあります。

なぜなら、古文に苦手意識がない人がゴロゴを使って古文の単語を覚えようとしてもこれで高得点は狙えないからです。

古文が苦手な人向け

あくまで古文が苦手でどうしようもないと思っている人が使う事でそこそこ古文で得点が可能になるというものなので、古文にそこまで苦手意識がないのであればこれを使って古文を勉強する必要がないです。

これを使って良かったと感じている人の多くは従来の古文の勉強法ではしっかり単語を覚える事ができなかったと思っている人が満足している傾向にあります。

最初からそこまで古文の勉強を苦に感じてない人が評判を聞いて使っても逆に使い辛いと感じる人も多いです。なので、なんとかして古文の勉強を少しでも楽しみながらやりたい人や基礎的なことを学びたいという人が使うのがおすすめなのがゴロゴという古文の単語集です。

そのため評価はかなり割れていますが使う人によっては評判が良いのは確かです。真面目に勉強したい人にはあまり向かない単語集です。

板野博行氏が逮捕されて

以上のように、板野博行氏は成績が優秀で経験を交えて上梓した参考書や講義はそれなりに評価が高かったものの、生徒とのトラブルで逮捕されることになりました。

しかし、これ程の実力がありながら講師としての復帰ができなくなる可能性もあり、才能を活かしきるチャンスを失ってしまうことは残念です。

最近では東進ハイスクールの林修先生のようなテレビ出演が多い講師が注目されていますが、評判 がそれほど悪くなかった板野博行先生がこのような形で引退するとなれば残念なところです。

ゴロゴという名前で様々な伝説を作ってきましたが、逮捕される原因が教え子とのトラブルとは意外なものです。生徒から人気もあり有名なドラマでも取り上げられているため、また復帰することを願っている方は多いと思われます。