PS5(プレステ5)はプレイステーションシリーズの次世代機であり、2019年10月8日に2020年の年末に発売予定である事が発表されています。

プレイステーションシリーズは過去を振り返っても、PS、PS2、PS3と世代交代する度に性能やスペックも着実にアップして来た歴史があるのです。

だからこそゲームファンの多くが、PS5の性能面に強い関心を抱いています。

PS5(プレステ5)の最新情報 スペック(性能)は?

2020年1月7日に解禁された情報

2020年1月7日に開催されたCES2020にて、PS5のロゴと共に性能や特徴といった情報も発表されたのです。

ハードウェアとしては、PS4で搭載されていたHDDに変わり、アクセス時間を感じさせない程にハイスピード化されたSSDが搭載される事が発表されました。

他にもコントローラにはプレイの仕方により振動の仕方が変わるという触角技術の搭載や、L2・R2ボタンの押し込みの固さを変化させるアダプティブトリガーの導入も発表されたのです。

更に立体音響技術の3Dオーディオ化を実現する等、ゲームプレイの没入感を高める機能を充実させています。

加えてGPUにはハードウェア演算で光線を再現するといった、レイトレーシングアクセラレーションが搭載される上に、 Blu-ray Discの後継となるULTRA HD Blu-rayドライブの搭載も発表される等かなりハイスペックなマシンに仕上がる事が期待可能です。

PS5の基本構成

PS5には、AMD Ryzen Zen2の8コア16スレッドのCPUが搭載される予定です。GPUの方は公表されていませんが、AMD製のRadeonグラフィックスを使用したカスタムチップが採用される見込みとなっています。

こういった高性能チップによるスペックアップで、ゲームにおいては最大で8K解像度出力まで対応する予定となっているのです。

メインメモリの方もまだ発表されていませんが、GDDR5に代わってGDDR6が採用されるという見方が強くなっています。

搭載する容量の方は、8GBから16GBと予想されているのです。ゲームディスクとしては、Ultra HD Blu-rayの採用により最大で100GBとなっています。

下位互換にも対応予定


PS5の魅力は高性能なスペックを活用した、これまで以上に綺麗なビジュアルのゲームを楽しめるだけではありません。

現行機であるプレイステーション4の互換性を実現出来る様な設計となっている点も魅力的だったりします。

同様に現行のPlayStation VRへの対応も、既に明らかとなっているのです。