ゴーン被告が海外逃亡したニュースは、国内のみならず世界中に衝撃を与えております。

日本の最大手企業の社長だった人間が、海外逃亡って・・・

今回のゴーン被告の海外逃走劇ですが、海外でも賛否両論が巻き起こっています。

海外のネット上の反応をまとめてみました。

ゴーン被告逃亡!海外の反応 まとめ

『カルロスゴーンは、完全な脱出を通じて日本の安全保障システムを馬鹿にし、レバノンに上陸し、日本の法制度を破壊してます。』

『カルロスゴーンは私の新たなヒーロー!日本からの劇的な脱出で、彼は映画のモデルになりますね。』

『カルロスゴーンは盗賊だ!!彼には3人の両親、2人の父親、1人の母親が必要です。国籍の異なる3つのパスポートが必要です。彼は詐欺師であり、最後の1セントを支払う必要があります。 』

『正当なプロセスを通じて有罪であると証明されるまでは無実。カルロスゴーンは、問題がフランスにも関係しているにもかかわらず、日本とその当局およびその一方的な司法制度に閉じ込められました。彼は自分を公正に擁護する自由はなかった。彼は今、自由にそうすることができます。』

『暴走から暴走へ:逃亡者の妻、キャロル・ゴーンの物語』

『正当なプロセスを通じて有罪であると証明されるまでは無実。カルロスゴーンは、問題がフランスにも関係しているにもかかわらず、日本とその当局およびその一方的な司法制度に閉じ込められました。彼は自分を公正に擁護する自由はなかった。彼は今、自由にそうすることができます。』

『すべてのジャーナリストが彼を追いかけて、 カルロス・ゴーンは日本よりもレバノンで監視下に置かれます。彼はフランスで亡命を求めることになります。逃亡者のように生きるのは簡単ではありません…』