2019年にプロ野球現役を引退して就任した読売ジャイアンツ阿部慎之助2軍監督が、若手の中から注目している選手をついに1人挙げました。

その選手とは、高卒ルーキーだった1年目を終えたばかりの黒田響生(ひびき)選手です。

引退した阿部慎之助2軍監督が注目している逸材で話題沸騰中!

巨人の将来を見据えた場合、かなり活躍の可能性が期待ができそうです!

そこで黒田響生選手がどんな選手なのか、簡単に紹介します。

阿部慎之助2軍監督が評価した黒田響生選手について

 黒田響生(ひびき)選手は福井県の名門敦賀気比高校出身

黒田響生選手は、福井県の名門で全国的にも有名な敦賀気比高校の出身です。現在でいうとオリックスの吉田正尚選手や、日本ハムの平沼翔太選手の出身校としてよく知られています。

その敦賀気比で黒田響生選手は1年生から早くもショートでレギュラーを獲得し、頭角を現していました。2018年には夏の選手権大会にも出場しました。木更津総合相手に敗退はしたもののその年のドラフトで育成4位の指名を受け、ジャイアンツへの入団を果たしました。

主にショートを守っていましたが、堅実な守備に加えて、打撃も魅力的だったのです。

広角に打ち分ける技術を持っていたため、高校時代から注目された選手の1人でした。

そんな黒田響生選手は180cm以上の身長を誇る大型内野手として、期待をされながら育成選手として巨人に入団をしていきます。

甲子園で大活躍してドラフト指名された選手と比べればそれほど目立たないプロ入りでしたが、それでも伝統ある人気球団のジャイアンツのスカウトにお眼鏡にかなったのですから将来有望であることは間違いありません。

しかも歴史に名を残すバッターだった阿部慎之助2軍監督から「逸材」と高い評価を与えられており、今後の活躍に十分期待できます。

黒田響生選手のバッティングや守備の特徴

育成選手なので、まだ1軍の試合には出られませんけど、すでに2軍の試合で才能の片りんを見せているのです。

特に守備に関して、プロでも十分にやっていけるだろうという期待を抱かせるプレーを多く見せています。

高校時代は主にショートでしたが、プロ入り後はセカンドやサードを守るケースがあり、いろいろな場所を守ることができる便利な存在として重宝されています。

そして、いずれのポジションに関してもそつなくこなすことができるだけの技術を持っているので、その面でまず評価されています。

巨人の場合、セカンドのポジションに関してずっとレギュラーが固定できずにいますから、他にもライバルとなる選手はいるにせよ、黒田響生選手も将来的にはその候補になるという可能性があります。

バッティングに関しては、2軍の試合ではありますけど、将来性を感じさせる面を持っています。

高校時代と同様に広角に打ち分けることができ、かつセンター返しのバッティングが上手いのです。

また、ショートに関しては坂本勇人選手がいますが、いずれサードにコンバートされるのではないか?という話もありますし、そうなると、次のショートをこの黒田響生選手が任されているという可能性もあります。

東京ドームで行われた2軍戦で初ホームランを記録

 阿部慎之助2軍監督からバッティング面を評価されているだけあり、黒田響生選手の打撃センスには光るものがあります。ボールに逆らうことなくきれいな流し打ちのヒットを打てるのはもちろんのこと、年にたった1度きりしか開催されない東京ドームでの2軍戦で日本ハムで元ジャイアンツの吉川光夫投手からレフト方向への鮮やかな初ホームランを記録したのですから、パンチ力が十分あることも証明しています。

そして守備位置がショートとなれば、否が応でも坂本勇人選手と比較されます。その坂本勇人選手との比較において阿部慎之助2軍監督は黒田響生選手のほうがポテンシャルは上だと言っているのですから、将来ジャイアンツを背負って立つような大型ショートに育ったとしてもおかしくありません。まだまだこれからの選手ではあるものの、首脳陣からの期待は大きいです。

まとめ

黒田選手は、逆らわないバッティングをすることができるので、長打はそんなに出ないかもしれませんが、打率を残すことはできる可能性があると思います。

高卒でまだまだ若い選手ですから、時間はかかるかもしれませんけど、バッティングも守備も光るものを見せているだけに阿部慎之助2軍監督が期待するのも当然と言えるでしょう。

どのポジションを守っているか?は分かりませんが、近い将来1軍で見られる可能性が十分にある巨人の期待の若手の1人であることは間違いないと思うのです。

ジャイアンツのショートは坂本勇人選手が不動のレギュラーとして君臨していますが、2019年シーズン中は疲労を溜めないため途中から交代するケースがありました。

ですから黒田響生選手も1軍に上がりさえすれば、ショートでの出場機会はあるはずです。これからが楽しみなジャイアンツの若手選手です。

関連記事