12月2日国会で桜を見る会に野党の追及に対して安倍総理の答弁からシンクライアントという言葉が発せられました。

答弁をテレビで観てましたが、このシンクライアントの意味がわかってて発言しているのか、かなり疑問な印象でした。

原稿も棒読み感満載でしたし(笑)

このシンクライアントと桜を守る会のデータ管理に関しての影響を考察してみました。

シンクライアントのデータ管理に関して及ぼす影響

桜を見る会は国の税金を使って安倍首相が主催し、招待者名簿のデータを内閣府が削除したことで話題になっています。

菅官房長官はサーバーのデータを破棄してバックアップデータの保存期間を経たあとは復元が不可能だと報告されたと伝え、野党側は復元を求めていますがサーバーデータを集中管理する方式と返答しました。

安倍首相はデータの保存方法をシンクライアント方式と説明し、ネット上でその言葉について注目が集まりました。

参院本会議での桜を見る会に関する安倍総理の発言

「内閣府が採用しているシステムは個々の端末ではなく、サーバでデータを保存するシンクライアント方式であり、端末にデータは保存されておらず、またサーバのデータを破棄後、バックアップデータの保管期間をおいた後は、復元は不可能であるとの報告を受けております。」

発言のなかにあるシンクライアント方式とはいったい何でしょうか。

シンクライアントとは?

シンクライアント(thinclient)とは英語のthinとclientからなっているIT 用語です。Wikipediaの説明ではユーザーが使うクライアント端末に必要最小限の処理をさせ、ほとんどの処理をサーバ側に集中させたシステムアーキテクチャ全般のことをいうとなっていますが、分かりにくいので身近な例えを用いて解説していきます。

例えば、図書館には蔵書検索をするパソコンが置いてります。あのパソコンではインターネットで調べものをしたり、エクセルやワードを使うことはできず、図書館内の書籍の検索しかできません。

このパソコンには何もソフトが入っておらず、図書館の蔵書検索のためのソフトがあるサーバーにアクセスすることでこの機能を使っているからです。

つまりシンクライアントとはサーバーに保存したデータやソフトを、個々の機器がインターネットを介してサーバーにアクセスし、サーバー上でそのソフトを操作し、サーバーが処理をする方式のことを言います。

これによって、ひとつひつの機器は最低限の機能を兼ね備えればいいだけなのでの導入のコストが下げることができます。

また個々の機器にはデータが入っておらずサーバーにアクセスできる機器の制限をかけることができるためセキュリティーの管理が容易になるため会社や学校にもよく使われるています。

シンクライアント方式は端末にデータを保存せずに処理すべてをサーバー側に合わせる仕組みで、Twitterなどで履歴が残っていると指摘されています。

招待者名簿は5月9日前後に削除され、菅官房長官が電子データを復元できないと説明していることで争点になっています。

招待者名簿の内容を敢えて公開しないことに対して自分の過ちを認めたくない行為など批判が集まり、復元不可にすることで政府がもみ消しているなどつぶやかれています。

データの内容は本来なら保存されるはずですが、敢えて削除して復元不可にしたことで信用を失っているようです。

結局、桜を見る会招待者データは?

招待者リストはこれだけ意図的に消去した感満載ですと、もうデータで残ってないでしょうね。

桜を見る会招待者のデータは個人情報です。漏洩しないためにもシンクライアントで管理するというのは正当なやり方ですし、個々の端末にはもう残っておらず、サーバー上でも削除したためもう残っていないということにもうなずけます。

通常サーバー上のデータは削除したとしても削除されたというデータ自体はサーバー上に残り、データ復旧は可能です。桜を見る会招待者のデータも個人情報保護のために削除したとしても復元することは可能なはずです。

もし復元できないとなると、復元できないようにするために、データ自体に何らかの手を加えた可能性が高くなります。

個人情報保護のためにデータを復元できないようにしたのか、騒動の隠蔽工作なのかどちらだったのでしょうか。

これだけ桜を見る会に関しての波紋が続くと、どんどん証拠隠滅な事柄が洗い出されてきますね。

安倍総理も慣れない用語シンクライアントのことを答弁しましたが、恐らく初めて聞いた初めて発した言葉では無いでしょうか。答弁で『サーバー』という発音も微妙でしたし・・・

桜を見る会の問題まだまだ長引きそうです。

関連記事