撤退か継続か?!で囁かれていたF1に参戦中のホンダが2021年以降もレッドブルとトロロッソにPU(パワーユニット)供給継続が決定となりました。

2015年のF1復帰以来、ホンダがどん底の状態の時もめげずに応援し続けた甲斐がありました。

というか、というのも、やっと今年優勝するまでにホンダが成長したにもかかわらず、撤退の危機とは・・・と思ってしましたよ・・・

日本のF1ホンダファンには一安心といったところでしょうか。

祝!F1ホンダ2021年以降も供給継続決定!

ホンダは、マクラーレン との不遇の時期を過ごし、2018年のトロロッソにPUを供給しました。

そして、トロロッソホンダとしてのパフォーマンスがレッドブルに認められ、2019年にレッドブルホンダ が誕生しました。

2019年オーストリアGPでは、レッドブルホンダ のマックスフェルスタッペンが優勝し、ホンダにとっては2006年以来13年ぶりのF1優勝となりました。

そんなF1での成績も上昇気流な状況の中の2021年以降の継続か撤退かの選択が迫られてました。

ホンダF1継続にファンの歓喜のコメント

なぜ撤退の危機だったのか?

理由の1つにコストの問題があります。

現代のF1のPUは、2014年以前の自然吸気エンジンとは違い、非常に複雑な構造となっています。

エンジンにターボとハイブリットを搭載したPUというシステムになってます。

要するに、開発費用が自然吸気エンジン時代よりも高騰しているって事ですね。

ホンダはF1撤退だったら、二度と復帰のチャンスは無かっただろう

ホンダF1第4期(2015年〜)の活動スタートは前途多難でした。特に復帰初年度はPUのトラブル無く完走したら上出来みたいな雰囲気でしたからね。

そこまでホンダは落ちたか・・・と思うくらい酷いシーズンでした。

以前のレギュレーションV8自然吸気での復帰でしたら、マクラーレン とだったら表彰台ぐらいは何戦かは行けたかもしれません。

しかし、PU(パワーユニット時代)はそうもいきません。構造が複雑すぎるのです。

しかもテストも制限されています。

これだと満足に開発もできませんね。

関連記事