キャッシュレス決済やスマホ決済、ペイや交通系ICカードなど、決済の方法が増えています。
現金で支払うことは、ポイントがもらえなかったり、支払いに時間がかかったりします。

 

キャッシュレス決済に移行したほうがいいことはわかっていても、あまりにも世の中の流れが早過ぎて言葉の意味さえ理解できない人が多いのではないでしょうか。

 

今回は「キャッシュレス決済」と「スマホ決済」の違いから、スマホ決済「Pay」の仕組みまでわかりやすく解説します。

 


スポンサーリンク

「キャッシュレス決済」と「スマホ決済」の違いは?

 

キャッシュレス決済とは現金払い意外のすべて

 

「キャッシュレス決済とスマホ決済は同じこと」と思っている人は意外と多いものです。
しかし、実は「キャッシュレス決済の中の一つにスマホ決済もある」が正解になります。
現金を英語でいうとキャッシュです。

 

レスとは「より少ない」という意味であり、キャッシュレスは現金をより少なくした決済の方法になります。
つまり、キャッシュレス決済は現金払い以外の方法すべてをさすため、クレジットカード払いも交通系ICカード決済もキャッシュレス決済に含まれます。

 

スマホ決済ももちろんキャッシュレス決済です。

 

キャッシュレス決済にはどんな種類がある?

 

キャッシュレス決済には、大きく分けて3つあります。

 

交通系ICカードのように、事前にカードにお金をチャージしておく「前払いキャッシュレス」とデビットカードのように「ピッ」としたと同時に銀行口座からお金が引き出される「リアルタイムキャッシュレス」とクレジットカードのように後から支払いがされる「後払いキャッシュレス」の3つです。

 

カード型のキャッシュレス決済方法は2種類あります。
個通系ICカードのように支払う人がカードを持って機械にかざすものと、クレジットカードのように店員が店の機械にカードを通して情報を読み取るものです。

 

いずれにしても、カードに入っている情報を読み取ることで決済が行われます。

 


スポンサーリンク

スマホ決済とは?

スマホ決済とは、スマートフォンを使って決済する方法をいいます。

 

スマホ決済には、2種類あります。

 

ひとつ目は、おサイフケータイのようにスマートフォン自体を店頭の機械にかざして決済するものです。
もう一つは、スマートフォンの画面にバーコードやQRコードを表示させて決済する方法です。

 

最近話題のスマホ決済「ペイ」は、後者になります。

 

おさいケータイは、おサイフケータイ機能が使えるスマートフォンを持っている人しかできない決済方法ですが、スマホ決済「ペイ」ならばQRコードを使うことで、どんなスマートフォンでも決済が可能です。

 

スマホ決済「Pay」の仕組みとは

 

スマホ決済「ペイ」は、コードを表示して読み込むことで決済をします。

コードの中には、客の銀行口座情報や支払い金額、店の情報などが入っています。
例えば、スマートフォンにコードが表示されて店側が読み取るとき、そのコードの中には決済される銀行やクレジットカードの情報が入っています。

 

店側がそれらの情報を得て、決済する金額を打ち込みます。逆に店側がコードを表示するときには、スマートフォンで店の情報を読み取ります。

 

店側の情報には「支払先」が入っていて、支払う側(スマートフォンの持ち主)は、支払う金額を打ち込んで決済をします。

 

コードの中に、銀行やカードの情報が入っているときくと「情報が盗まれる」と心配になる人がいるかもしれません。しかし、QRコードやバーコードは、一定の時間(5分程度)で作り替えることでセキュリティを保っています。

 

スマホ決済「ペイ」は、一つのQRコードの読み取りだけで決済が行われるため「大丈夫かな」と心配になるかもしれません。
しかし、あの小さなコードの中には想像以上のセキュリティが詰め込まれているのです。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事