スマホ決済「ペイ」に参入する会社はたくさんあります。

 

「ペイ」に参加するだけでも大変なのに、たくさんの「ペイ」の会社から使うペイを探すことはもっと大変です。

 

今回は、スマホ決済「ペイ」の参入会社の中でも、テレビコマーシャルなどで一度は耳にしたことがあるような大手4社を取り上げて、それぞれの会社の特徴をわかりやすく解説します。

 


スポンサーリンク

スマホ決済「ペイ」の大手PayPay・Linepay・楽天Pay・OrigamiPayを徹底解説

 

テレビコマーシャルのメロディが頭から離れない!PayPay!ペイペイ!

 

テレビコマーシャルで一気に知名度が上がった会社がPayPayです。

PayPayは、2018年10月にソフトバンクとヤフーが手を結んで立ち上げたサービスです。

 

スマートフォンを持っている人(買う側)がQRコードを店側に見せて支払う方法と店頭に置いてあるQRコードをスマートフォンで読み込んで金額を入力する方法の2種類があります。

 

PayPayの大きな魅力は2つあります。

 

ひとつ目は、PayPayで支払いができる店を検索できることです。

 

スマホ決済「ペイ」はとても便利で急速に普及しましたが、広まるスピードがとても速く、それぞれのペイがどこの店で使えるのかがいまいちわかりづらい状況です。

 

しかしPayPayは、検索機能がついているため「PayPayが使える店」を事前に簡単に選ぶことができます。

 

検索結果は地図で表示されるため、一目で「使える店」を確認することができます。

 

ふたつ目の魅力は、ポイント還元の大きさです。

 

「100億円あげちゃうキャンペーン」でPayPayを知ったという人も多いのではないでしょうか。

 

第一弾の100億円あげちゃうキャンペーンは、想像以上の人気で10日間で終わってしまいましたが、その後も第二弾の大きなキャンペーンを立ち上げました。

 

PayPayの支払い限度額は1回につき50万円です。

 

 

Lineの強みを浮かしたPay!LinePay!

 

友達や家族とのコミュニケーションツールとして使われてきたLineもスマホ決済「ペイ」に参入しています。

 

その名もLinePayです。

 

Lineの強みである「横のつながり」を活かし、友達間での送金もできます。

 

LinePayは、利用額に応じてランクがあがり、ランクによってポイントの還元率が変わります。

 

LinePayにも大きな魅力は2つあります。

 

ひとつ目は、チャージする方法がたくさんあることです。
銀行口座やオートチャージだけでなく、コンビニのATMでチャージすることができます。

 

ふたつ目の魅力はセキュリティ面です。

 

QRコードが5分おきに更新されるため、悪用されるリスクが抑えられます。

 

Lineを日常的に使っているならば、LinePayが使いやすく感じるかもしれません。

 

LinePayの支払い限度額は、ランクによって異なり、1回につき10万円から100万円です。

 

 
 


スポンサーリンク

使える店がたくさん!楽天Pay!

 

 

楽天株式会社は楽天Payを展開しています。
インターネットに強い楽天だけあって、大きな魅力は店舗だけでなく、ネット通販でも活用できる範囲が広いことでしょう。

 

楽天Payは、楽天カードからのチャージが一番お得です。
楽天カードを持っていなくても、国内発行されている多くのクレジットカードからのチャージが可能なため

 

「気軽にペイを始めたい」と思う人が使いやすいペイでしょう。
楽天Payの支払い限度額は1回につき50万円です。

 

スマホ決済「ペイ」に慣れてきたら!OrigamiPay!

 

 

OrigamiPayは、オレンジ色に白地の折り鶴が印象的な株式会社Origamiが運営している「ペイ」です。
初めて聞く人も多いかもしれませんが、Origamiは、2012年に会社が設立され、OrigamiPayは2016年に始まりました。

 

大きな魅力は「100万円までの決済が可能である」ということでしょう。
スマホ決済「ペイ」を使う人の多くは、まだ数百円から数千円の少額が多いようです。

 

しかし、スマホ決済「ペイ」に慣れてくると、徐々に使う金額も大きくなります。
スマホ決済に慣れて大きな金額の買い物をするようになったときに使えるペイがOrigamiPayでしょう。

 

また、多くのスマホ決済「ペイ」は、ポイント還元が魅力になっています。
ポイント還元はスマホ決済「ペイ」の目玉ではありますが、還元されたポイントは次回以降の買い物で使うことになります。

 

一方のOrigamiPayは、その場で割引が適用されます。
海外で使える店も多く、スマホ決済「ペイ」が日常的な決済手段になっている人にとっては、とても使いやすいペイではないでしょうか。

 

OrigamiPayの支払い限度額は1回につき100万円未満です。

スマホ決済「ペイ」に参入している会社は紹介した会社以外にもたくさんあります。
アマゾンジャパン合同会社はAmazonPay、NTTドコモはd払い、AnyPay株式会社はPAYMOを展開しています。

 

ポイント還元率や使える店の多さ、対応クレジットカードなどをチェックして、自分が一番使いやすい「ペイ」をみつけてみましょう。
 

 

スポンサーリンク

関連記事