キャンプやバーベキューでは炭火コンロが必需品です。

 

コールマンのバーベキューコンロは、キャンプを始めたばかりの方には、比較的扱いやすい商品が多い印象です。

 

私自身もコールマンのバーベキューコンロを愛用しております。

 

今回は実に安定性があって、見た目も良いコールマンのクールステージツーウェイグリルに関して、記事でまとめました。

 

この上記の画像のタイプの脚が付いてない卓上バージョンは持っているのですが、今回は足付きバージョンのまとめです。

 


スポンサーリンク

コールマンのクールステージツーウェイグリル

 

私のオススメは、コールマンのクールステージツーウェイグリルです。

小さい鍋やフライパンであれば、2つ同時に調理できるスペースがあります。

 

もちろん、網で焼肉等も楽しめます。

 

あれはあれで良いのですが、もう少し大きめで、かつ安くて収納の効くものを探していた所、このクールステージツーウェイグリルに、出会いました。

 

私は、肉、魚介類、野菜と様々な食材を使いますが、クールステージツーウェイグリルの良い所は、焼きムラが場所によって無いという所です。

 


私の周りにも似たような製品を使っている人が居ましたが、結構ムラがありました。

 

そこは流石は、コールマンで、キチンと考え抜かれています。結局、これをキャンプに持って行ってから、友達もクールステージツーウェイグリルに買い換えました。


また、バーベキューで一番面倒くさいのは、後片づけや掃除ですが、この製品の素晴らしい所は、網が油や汚れが付きにくい、洗いやすい素材を採用している事ですね。


庭で使う分には、可搬性はあまり気にしないのですが、アウトドアで、ましてや泊まりとなると持ち物は大量に増えます。テントなど持っていく時は尚更です。そういった意味でも非常に収納しやすいこの製品は使い勝手が良いですね。

 

収納もコンパクトにまとめられます。

 

網は、適度に交換した方が良い

3〜4回使用すると、網が結構ボロボロになります。その状態で肉を網焼きすると肉がかなりくっついて焼けてしましました。

網焼きをする時は、同じサイズの網を100円ショップで予備を購入すると良いと思います。

 

網での焼き具合は

 

構造上、焼く食材を炭火の結構近いです。そんなに炭火を入れすぎず調整する必要があります。

このコンロは、あんまり炭火を詰めすぎないことが大事です。

程々に、炭火を入れておけば結構いい感じで焼けます。

 

脚は多少グラつく

値段相応なのか、脚はちょいグラつく印象でした。

まあ、派手にぶつからなければ大丈夫といった具合です。

 

ちなみに足が無い卓上専用バージョンもあります。

卓上バージョンは、別途記事にまとめました。

キャンプでおすすめなコールマンの卓上コンロを買ってみての感想

 

コールマンのクールステージツーウェイグリルの感想

 

私はアウトドア、コールマンとバーベキュー製品は幾つも所有しておりますが、クールステージツーウェイグリルは、その中でも上位なオススメ製品です。

 

炭火の火加減の調整がやり易いので、食材に合わせて調整がバッチリですね。

 

丁度良い大きさの炭火コンロで、安価でかつしっかりしたメーカーのものをお探しの方には、オススメな商品なのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

関連記事