キャンプ中に快適な睡眠を撮るには、適度な温度と寝心地ですね。

 

特に、キャンプ地は昼と夜とでは気温差が激しく、夜はかなり気温が低くなり寒くなります。

 

寒さで、凍えながらだと寝付けなかった経験が多々ありました。

 

コールマンの寝袋はいくつか持ってますが、特に寒い場所での寝袋はこちらのコールマンの寝袋 タスマンキャンピングマミーがオススメです。

 


スポンサーリンク

コールマン(Coleman) 寝袋 タスマンキャンピングマミー

 

コールマンのオススメ、コールマン(Coleman) 寝袋 タスマンキャンピングマミーになります。

マイナスの気温でも快適に睡眠

 

限界使用気温マイナス15℃となってます。

快適温度はマイナス8℃です。

 

マイナスの氷点下でも、優れた防温機能を有しています。少し大きめのかたちになりますが、内部で睡眠をとることに追求した、コンフォートモデルになっています。

 

さすがコールマンの寝袋です!

 

寝心地が良い

この寝袋の特色は、なんと言っても伝統的な奇抜なかたちにあります。これは、寝袋として機能するとともに、内部で寝返りを打てるような構造になっていますので、寝やすさを追求した寝袋と言えます。

 

コールマンとしてのメーカーの存在感もありますが、この寝袋の色も存在感を表しています。そして、その中で快適に眠ることができる緻密な設計を有しているのです。これで、寝ておけば、たしかな存在感ですので、周囲に気づかせることも可能です。

 

つまり、集団でキャンプをしているときの、床面の存在にしっかりとした色を発揮します。

少々の明かりの性能がともなっていれば、キャンプの中でも、朝までぐっすり眠ることが可能となります。

特殊な形であるのは、その就寝性にこだわった作りであるからと思われ、寝ているときでも、空気がもれないようにする仕組みが、随所に働いています。

 

使用方法

使い方等は下記動画で紹介されています。

 

 

自分の体温で、温まり、眠るキャンプのような過酷な環境では、特にマイナスに陥る際の、危険防止の機能が必要です。つまり、安っぽい作りの寝袋で、風邪を引くといったことのないような、コールマンの寝袋です。

 

首元も、寒気が入ってこないように、すぼめる構造になっています。そして、首周りが嫌にならないクッション性を備えていますので、冬の時期での快眠を催してくれるでしょう。

 

内部のクッション構造としても、多重化されていますので、床面の安定に気遣えば、優秀な保温機能を有しているのです。

 

 

まとめ

 

コンパクトにまとまる形状になっていますので、セットで、ハーネスで縛るようにしておけば、ポータブルにも充分に対応します。バッグの中に収まるように、オススメなのは縛ってから袋に入れることです。

 

冬の季節はもちろん、春や秋の季節でも、標高の高いキャンプ場では気温がマイナスになるケースが多い状況となります。

 

天気予報での気温より低くなることを予想して、コールマンのタスマンキャンピングマミーを持参すれば安心です。

 

キャンプの経験上想定外の寒さに見舞われるので、確保しておきたい寝袋の一つです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事