F1レッドブルホンダの新作「RB15」が、2019年2月13日披露されました。

レッドブルは2019年から、ルノーとの契約を解除し、ホンダのパワーユニット(RA619H)を搭載します。

RB15はホンダがパワーユニットを供給することになってからはじめての新作です。

今のところ順調のようです。

 

ホンダが2015年にF1復帰してからの、初めてのトップチームとのコラボ!

あっ!ちなみにマクラーレンは2015年の時点でトップチームでは無くなったと思っているので(笑)

 

2019年シーズンが期待できる要因を、3つの観点(ホンダPU・レッドブルシャシー・ドライバー)から考察してみました。

 


スポンサーリンク

レッドブルホンダが2019年期待できる3つの要素!!

 

1 ホンダのPUは、ルノーPUよりコンパクト

ホンダのパワーユニットが、ルノーよりコンパクトなことにより、パワーユニット周りの容積が小さくなったことが特徴と言えます。

 

このため、マシン後部のコークボトル部分がよりシェイプになりました。

 

全体的なマシンのコンパクト化は、一般的に考えれば、風などの無駄な抵抗を極限できるため、有利に走行できそうに感じます。

特に、最高時速350km以上出る、F1においては抵抗部位のコンパクト化は有利に感じます。

 

レッドブルとの共同作業は順調

 

ホンダはレッドブルテクノロジーグループと組んでICE、ERS、エナジーストアなどのパワーユニットのすべてのエリアのプロセスの合理化を図ることができたとのことです。

 

また、トロロッソとレッドブルの現場で働くホンダのエンジニアの数はほぼ2倍になり、2チームとの作業に対応するために機能は強化されました。

 

昨年までとホンダの状況が違うのは、2チーム分のデータを取得出来るという事。尚且つレッドブルとトロロッソは姉妹チームなので、情報共有が蜜に出来る点がアドバンテージです。

 

昨年のトロロッソとのパートナーシップがうまくいったことでレッドブルとの働きぶりも自信があるようです。バーレーンでガスリーが4位でフィニッシュしたことや鈴鹿での予選結果などではパフォーマンスにいくつか改善点を見つけることとなったが今シーズンは昨年以上の進化を目標に活動していくようです。


昨年のトロッソのパフォーマンスの進化が今年のレッドブルとの信頼性と未来への自信へとつながっているとみえます。2019年度は我々もレッドブルとホンダのパートナーシップによるパフォーマンスと信頼性に期待してもよさそうです。

 

2.エアロバランスが優れたシャシー

新車RB15は、初見の印象だと昨年のRB14の進化版というイメージです。

 

インテーク開口部などを大きくしていて、冷却システムを強化しています。

 

高速で走り続けるにはエンジン付近の熱を上手く逃がす必要があります。熱がこもるとエンジンは100%のパフォーマンスを発揮することが難しくなるので、F1では重要な部分になります。

 

レッドブルが作り出すシャシーは完成度が高く、抵抗を抑えつつ耐久性も高いレベルで兼ね備えています。

 

シャシーはエイドリアンニューウィーが本格介入

2010年〜2013年レッドブルが王者に君臨し続けたのはニューウィーの空力デザインの力が大きかったです。

 

近年は空力の天才エイドリアン・ニューウィーは、シャシー開発の第一線からは外れていました。

 

しかし、ホンダと組んだ2019年からは、再び情熱を取り戻したのか、シャシー開発にかなりの関与しているようです。

 


スポンサーリンク

2人のドライバーに期待

 

ドライバーは、経験を積んで主力になったマックス・フェルスタッペンとトロロッソから昇格が決まったばかりのピエール・ガスリーです。


マックスは、5人兄弟の末っ子であり、性格は明るくてマイペースという話もあります。

マックス・フェルスタッペンは両親共にレーシングドライバーで、親戚にもレーシングドライバーがいるというサラブレッドです。


マックス・フェルスタッペンは、21歳という若さで昨年年間4位、優勝5回、表彰台22回と好成績を伸ばしてきています。

今期は、パワーユニットが本人と合えば、かなり期待できると考えます。

 

 

 

ピエール・ガスリーはフランス出身の23歳で、若い時から期待されている人材でした。


ピエール・ガスリーは、F1経験こそ少ないものの、F4選手権を始め、フォーミュラ・ルノー、スーパーフォーミュラ、GP2シリーズなど経験は豊富な選手。

 

しかし、若さゆえの判断ミス、調子の波を感じることも多く、ここを改善しないと一流のドライバーにはなれないと思います。

 

こちらも、パワーユニットとシャーシー・ドライバーとの相性が合えば、好成績が期待できるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク