F1レッドブルホンダが2月13日ついに新車発表になりました。

 

新車RB15は、早速イギリスのシルバーストーンサーキットで、シェイクダウンを行ったとの事です。

 

デザイン的には、赤色の模様が強調したデザインになってますね。前年のマシンよりはインパクトありますが、特別カッコイイ感じでは無いというのが初見の印象です。

 

賛否両論になりそうなデザインですね〜

 


スポンサーリンク

 

レッドブルホンダ新車RB15がシェイクダウン

 

シェイクダウンの動画もアップされてます。


とりあえずは、ホンダのパワーユニットは問題無く作動しているようですね。

初めの一歩が大事だから、一安心です。

 


レギュレーション変更でフロントウィングが簡潔化しましたね。

エイドリアンニューウィーの事ですから、必ず細部に空力的な細工はしてそうですね。

 

新車シェイクダウンはマックスフェルスタッペンが担当

 

 

マックスフェルスタッペンが新車RB15を担当しました。昨年のルノーPUと今年のホンダPUの違いのコメントが気になりますね。

もちろんホンダPUの方が高評価のコメント欲しいですが・・・

 

最強のシャシーに、現役最高の一人と言われているフェルスタッペンの組み合わせのチームなので、あとはホンダPUが鍵を握ってますね。

レッドブル・ホンダは2019年勝てるか?6つの注目点

 

新車のデザインは 今回の一回限りのデザイン

今回のレッドブルホンダ 新車のデザインは、今回の新車発表一回限りのデザインらしいです。

これはレッドブルが毎年恒例で一回限りのデザインを披露しているとの事です。

個人的には微妙なデザインなので、よかったかな(笑)

噂では、新車はこのデザインか?!

 

個人的には、上記が正規のデザインであって欲しいですね。

 

白よりのシルバーがメイン色の方がホンダっぽいですし!

 

デザインも大事だけど、性能もかなり気になりますね。特にホンダパワーユニットの性能が!

 

テストはいよいよ2月18日からです。

 

スポンサーリンク