先日、大型スーパーへ買い物に行った際に、
“フランス産の発酵バター”というものが
大々的に売られていました。

 

スーパー直輸入らしく、通常価格より
200円近く安く売られていたので、思わず購入してしまいました^^

 

食べてみたところとても美味しかったので、
その事について紹介させていただきます!

 


スポンサーリンク

フランス産の発酵バターを買ってみました!

◆merci chef フランス産発酵バター有塩

容量は200gで、400円くらいでした。
デパートなどでは500~600円するそうなので、
高級バターのようです。

 

フランス産のバターって何?と気になり調べてみたところ、
フランスの温厚な気温が、バター作りに適しているようで、
美味しいバターを作ることが出来るそうです。

 

バターの素材も高品質なものを使用しているため、
フランス産のバターは品質の高いバターということです。

 

また、日本では“発酵バター”はあまり流通されていないため、
希少価値もあるようです。

 

フランス産の発酵バターが日本のバターより、お値段が良い理由が分かりました。

 

◆発酵バターとは?

発酵バターというものを初めて聞きました。

 

どのようなものかというと、発酵バターの原料となるクリームを、
乳酸菌によって半日以上発酵して作られたバターの事を言います。

 

発酵により、よりクリーミーで濃厚な味のバターとなるようです。

時間をかけて作られているバターです。

 

 


スポンサーリンク

◆食べてみての感想

見た目は普通のバターと変わりありません。

 

パンにたっぷりバターを塗って食べると美味しいですよ!と
店員さんに教えて頂いたので、実践してみました。

フランスパンに、たっぷりと発酵バターを乗せました♪

 

味ですが、いつも食べているバターより断然美味しく感じました!

 

コクがあって、濃厚な味です。
有塩なので塩っ気がありますが、しょっぱさがちょうどよく
さっぱりしています。

 

今まで食べていたバターは、『塩っ気が欲しいから、、』
というような理由でパンに乗せていましたが、
この発酵バターは、『バターが食べたい』という理由から
使用したくなるほどの美味しさでした。

 

ちなみに発酵バターのカロリーは、10gあたり72.6Cal。

 

美味しくてついついたくさん食べてしまいそうですが、
身体のことを考えながら、美味しく食べていこうと思います!

 

 

まとめ

バターはどれも同じと思っていましたが、
フランス産の発酵バターはひと味違う美味しさでした。

 

またお安く買えるチャンスがあったら、
狙ってみたいと思います^^

 


スポンサーリンク

関連記事