とうもろこしを使った人気のレシピ、
とうもろこしご飯のご紹介です!

 

 

とうもろこしが旬な時期におすすめのレシピです!

 

 

そのまま食べても美味しいですが、
とうもろこしを使ったメインメニューを作ってみませんか。

 

 

とても簡単なので、何を作ろうか迷った時にでもすぐに作ることができます。

 

 

とうもろこし、米、酒、塩があれば大丈夫!

 

 

早速作り方のご紹介です!

 

 

 

人気のとうもろこしご飯のレシピ!

材料(4人前)

 

・とうもろこし(身と芯)・・・1本

・米・・・2合

・酒・・・大さじ1

・塩・・・ひとつまみ

・バター・・・10gくらい(お好みで)

 

 

 

簡単レシピ

①とうもろこしを半分に切り、粒を取り芯は捨てずにとっておく。

 

 

②2合の米を炊く時同様、米をといで2合分の水を入れる。

 

 

③②に酒、塩を入れて軽く混ぜてから①のとうもろこしの粒、芯を入れる。

※とうもろこしの粒はほぐしながら入れる。

その後、30分~1時間漬けておく。

 

 

④③を炊飯。

 

 

⑤炊きあがったら10分程蒸して完成

 

 

⑥食べる直前にバターをのせる

 

以上、とうもろこしご飯の簡単レシピです!

 

 

 

バターが美味しい!味の感想

とうもろこしご飯の完成です!

 

とうもろこしの身がぎっしり!!キレイな色をしていて美味しそう^^
目でも楽しむことができます。

 

 

お茶碗によそってから、バターをのせていただきます。

 

釜の中でバターを溶かしても良いと思いますが、
私はバターを少しづつ溶かしながら食べたいので、バターは食べる直前にのせています。

 

 

味は、とうもろこしの甘みとバターの塩味が相性抜群!
とうもろこしの粒が噛むとプリプリするので、食感も楽しめます。

 

 

バターをのせないとかなりシンプルな味。
私には少し物足りない味です。

 

バターをのせた方がとうもろこしの甘みが引き立つのでおすすめです。

 

 

さらに、味を濃くしたい!と言う方には、醤油をちょろっとかける事をおすすめします。

 

 

黒コショウをかけても美味しいのではないかと思います。

 

 

とうもろこしご飯の上にパセリを振りかけると
色味があってキレイな見た目になりそうです。

 

 

 

 

まとめ

簡単に作れて美味しいとうもろこしご飯!

 

とうもろこしをそのまま食べることに飽きてしまったら、ご飯にして食べても美味しいのでおすすめです。

 

他の焚き込みご飯を作るよりも簡単だと思いますし、
時短メニューとしてもおすすめです。

 

多く作り過ぎてしまった場合、
おにぎりにしても良いと思います。

 

とうもろこしは栄養もあるので
暑い日のメニューに良さそうです^^

 

 

旬の甘いとうもろこしを美味しく食べられるレシピの紹介でした!

 

 

 

 

関連記事