キャンプでテントの中で寝る際のオススメの快適なマットを紹介したいと思います。

 

テントの床は下にマット等を敷かないとかなり固くて不快な状況です。床が硬いとかなり身体が痛くなります(汗)

 

快適に眠るには、エアーマットがあると安眠出来ると思います。

 

今回オススメするのが、Miukoのエアーマットになります。

 


スポンサーリンク

寝心地の良いMiukoのエアーマット

 

キャンプ 道具としてオススメなのが、Miukoのエアーマット キャンプ 用品になります。

サイズも大きめでスペースに余裕がある!

 

サイズは190cm✕60cmになり、大柄の人でも使用が可能になっています。キャンプ 道具のオススメの中では、とかく品質に差があるようなマット類で、価格的な差が明らかに品質グレードが分かれてきます。

 

 

ただし、このエアーマットでは、そのマットの使用に関して、土壌や床下からの冷気をシャットアウトする点に注力していますので、その使用法にも安堵感があります。

 

 

つまり、比較的廉価な材質ではあっても、ウレタン素材による断熱ではなく、エアーマットをキャンプ用品にて実現している点が優れているのです。

 

 

優れている点は、まだあります。これは、使用用途としてのカラーコンシャスが、アウトドア専用にもなっていないので、インドアにおいても使用ができる点が挙げられます。

 

 

持ち運びにも便利ですので、コンパクトにまとめて、軽快にアウトドアライフを楽しむことが可能です。
材質も堅牢なものを使用していますので、その耐久度もポイントが高いものでしょう。

 

 

大きな大人から、小さなお子様までの需要をカバーする体系ですので、その使用用途に関しても広がりがあります。

 

エアーマットですので、その軽さに関しても定評があり、持ち運びが便利な点とあわせて、その使用の軽快さがオススメな点ですね。

 

Miukoのエアーマットは車中泊でも大活躍

 

特に昨今では、車中泊という点で、テーマに挙げられる点がありますが、使用しないときには、軽快にコンパクトにできますので、その使用にも充分に耐えられます。使用頻度が少ないときには、クルマのトランクに小さくまとめておけばいいので、エネルギーや、空間コストの削減に役立ちます。

 

 

下から冷気が上がってくるというのは、寝心地にとってみれば、大変な苦痛ですので、このくらいにコンパクトにまとめられるエアーがあれば、クッション性能と合わせて、非常に役立つツールとなります。

 

 

一人用シングルタイプですので、もし連結して使用すれば、インドアでのスリーピングにも耐えられるでしょう。

 

 

通常はスポンジ素材で高いものが、常識となっているグレードの高い寝袋・マット系ですが、このくらいのカジュアルなカラーリングが、ライト性能を高めています。

 

 

まとめ

キャンプ泊・車中泊は、せっかくなら快適に眠りたいものですね。

 

アウトドア自体身体を動かすので、快適に睡眠を取れないと翌日のコンデションに影響を及ぼしてしまいます。

 

私はテントの中で一日中ゴロゴロ過ごすのが好きなタイプなので、このエアーマットで寝転がると、かなり楽しいキャンプ生活を送れそうです(笑)

 

キャンプ・車中泊で寝心地の良いMiukoのエアーマットの紹介でした^^

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事