働き方改革が叫ばれている近年、転職産業が非常に活気づいており、転職に関する企業、サイト、広告が非常に増えています。

 

多くの転職のサポートがあるにも関わらず、納得のいく転職が出来ない人もいます。

 

転職者は、離職した事実と自分のこれまでの経歴やスキルを背負い、それらと自分を企業に丸ごと受け入れてもらう必要があります。これは容易なことではありません。

 

転職者たちは現代の転職戦線をどのように戦っているのでしょうか。転職活動の実情と乗り切るための術を探っていきましょう。

 

転職者はこうして生まれた

 

厚生労働省がまとめた平成29年雇用動向調査結果の概況によると、平成29年における転職者の退職理由で多かったものは、他企業への出向、定年退職や労働契約の終了、勤務時間、休日など労働条件が悪いという理由でした。

 

女性に多く見られた退職理由には、職場の人間関係に問題があった、というものがあります。つまり、転職者は大きく分けて会社や労働契約の都合によるところが大きい退職者と、自己都合による退職者から生まれていると言えます。

 

自己都合の退職理由にはネガティブものが目立っており、彼らは前職より快適な職場を目指して転職活動をすることになります。転職者となった彼らは、どのようにして理想の職場を得るための転職活動をするのでしょうか。

 

 

転職活動はこうして進められていた

近年転職活動多様な方法で行われていますが、最も一般的になっている方法が、誰も手軽に求人を探せる転職サイトや、転職活動のアドバイスを貰える人材紹介会社の利用です。

 

公的な職業相談所のハローワークや、知人からの転職先の紹介、紹介予定派遣の利用、企業への直接応募もまだ根強く行われています。

 

転職者の多くはいずれかのサービスで求人を探すか紹介してもらい、転職活動を進めています。件数は多くないですが、企業の人事担当者からのスカウトで転職先を得る人もいます。

 

転職活動の成功は、最終的に納得のいく環境で働けることを指します。転職に成功した人は、転職先の労働条件や労働環境に一定以上の満足をしています。満足していない場合は再び転職者に戻ることがあります。

 

転職者が納得できる転職先を見つけ出すにはどうしたらいいのでしょうか。

 

転職活動における強力な武器は分析力

 

納得のいく企業にたどり着くには、応募しようとしている企業が、自分の望む労働環境を持っていること、そして自分が企業の求める人材であることが必要です。

 

それらはひとえに転職者の分析力にかかっています。分析には自分自身の分析と企業の分析の二つがあります。

 

自分自身の分析は、自分の希望する就業環境や企業の求める人材に自分が当てはまるかを判断するために必要です。

 

自分の実情を把握し、仕事でやりたいことや仕事に必要なスキル、仕事において妥協、我慢できる範囲を明確にします。

 

企業の分析について、仕事内容、求めるスキルとレベル、労働条件、企業風土、社内の実情、口コミ情報は最低限調べておきます。

 

これらは実態に近く、具体的であるほどいいです。しかし企業情報を詳細に得ることは、なかなか難しいものです。

 

多くの転職者は求人情報、会社のウェブサイト、情報誌、会社訪問、OB、OGからの聞き取りなどを駆使して情報を集めます。面接の段階でも情報は得られます。

 

労働条件など聞きにくいことも、言葉を選んで丁寧に質問すると、会社の実情を語ってくれる場合があります。転職者は得た情報が企業の実態に即しているかを精査する必要があります。

 

転職戦線の石橋は叩きに叩いて渡る

 

例えば求人情報で、残業なし、完全週休二日という情報があるとします。

 

残業過多で転職を希望した転職者にとってはとても魅力的な情報です。

 

しかし、求人情報の文言と企業の実情が100%一致していないこともあるので、さらなる調査、分析が必要です。

 

鋭い転職者は、得た企業情報の実情と自分の持っている企業イメージが一致するかを確認します。

 

本当に残業はないのか、やむを得ず残業になったときに残業代は出るか、週休二日ではないときが少しはあるのか、そのときには代休がとれるのか、といった部分を掘り下げて調べることができると、自身の希望する職場環境なのか確認しやすくなります。

 

転職活動で得た情報を鵜呑みにせず、自分で分析してその情報の確かさを測り、用心に用心を重ねて選んだ転職先は、転職者を幸せにする可能性を秘めています。

 

転職戦線上には情報が氾濫している

 

現代の転職活動には転職者と企業の間に転職サービスが入ることが多く、戦況が複雑になっています。

 

転職者、企業、転職サービス、いずれもが精査が必要な多量の情報を閲覧、公開をしています。

 

その結果、転職戦線には情報が氾濫し、転職者は自分の求める情報がどれなのか迷いがちになります。

 

転職者の迷いを減らすには、転職戦線上の情報整理が必要です。

 

求人情報の量と内容の整理が進めば、転職者が納得のいく転職先にたどり着きやすくなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事