12月の中旬に、群馬県の草津へ
1泊2日の旅行へ行ってきました。

 

草津といえば「草津温泉」
そして、草津の観光名所と言えば「湯畑」

 

どちらもとても良かったです。

 

 

草津温泉&草津観光名所の湯畑へ行ってきました!

◆上野から草津温泉へ

上野から草津へは、
電車とバスで向かいました。

 

上野駅からの移動ルートを
まとめてみます。

 

上野駅から「草津号」という特急列車に乗り、
「長野原草津口」まで行きました。

 

乗車時間は約2時間30分。

 

ゆっくりと乗車できるので、
お弁当を食べたりと道中を楽しみました♪

 

上野駅で買った両国国技館のやきとりが、
激ウマでした。

 

ちなみに指定席と自由席があるのですが、
今回は指定席を事前予約しました。

 

平日だったためか、
自由席にも余裕がある感じでした。

 

草津号は車内販売があり、
温かいコーヒーや軽食、
お酒などが売っていました。

 

「長野原草津口」へ到着!

 

12月中旬でしたが、雪が積もっていました。

 

長野原草津口から、
草津温泉へは、JRバスで向かいます。

 

長野原草津口駅の改札を出ると、
すぐにバス乗り場がありました。

 

ちなみにICカード使えました。

 

このバスは草津温泉まで直行のバスと、
各駅停車のバスがあるようです。

 

直行バスに乗ったため、
20分くらいで「草津温泉」バスターミナルに到着!

 

 

ここから草津温泉の観光名所に
行くことができます。

 

 

◆草津観光名所「湯畑」

「草津温泉」バスターミナルから、
徒歩約5分にところに観光名所「湯畑」があります。

 

早速、観光名所の湯畑に向かいます!

 

道中はお土産屋さんと
宿が並んでいて、旅行に来た~という
実感がわいてくる風景でした。

 

道路には、こんな可愛い標識も。

 

そして、草津のシンボル、
「湯畑」に到着!

 

湯けむりがもくもくしていて、
これが湯畑か~!!と、
けむりを浴びながら体感!!

硫黄のにおいがすごいのかなと思っていましたが、
そこまでにおいませんでした。(個人の感想です)

 

温泉街の中心に位置する湯畑は、
毎分4000リットルの温泉が湧き出ていて
いつも湯けむりを舞い上げています。

 

日本三名泉の1つである草津温泉。
(残りの2つは下呂温泉(岐阜)・有馬温泉(兵庫))

自然湧出量は日本一ということで、
1日にドラム缶約23万本分もの温泉が
湧き出しているそうです。

 

湯畑近くには足湯もありました。

 

マンホールが可愛い。

 

平日でしたが、
湯畑の周りには観光客がたくさんいました。

 

さすが草津を代表する観光名所です。

 

 

◆草津温泉の宿「木の葉」

我が家は「共立リゾート」の宿泊施設が好きで、
北海道や箱根の旅行時によく泊まっています。

 

草津にも共立リゾートの施設があったため、
1泊してきました。

「木の葉」という宿で、
1泊2日の夕・朝食付きプランで宿泊しました。

 

草津温泉バスターミナルから、
無料送迎車で宿に向かえます。

 

モダンな和風の宿で、床がすべて畳なので、
玄関で靴を預けた後は素足で過ごします。

 

お部屋は3階のツインタイプ。

 

和の作りが落ち着くお部屋でした。

 

お部屋の冷蔵庫の中には、
サービスのミネラルウォーターが♪

 

群馬県のご当地キャラ
「ぐんまちゃん」のパッケージが可愛い^^

 

窓からの景色はこんな感じでした。

 

夕食は、御膳+バイキング。

 

御膳のお品書き。

 

自分で焼いて食べる
肉厚なもち豚が柔らかくて美味しかったです。

 

お刺身も美味しい!

 

バイキングメニューの揚げたての
舞茸の天ぷらが絶品でした!

 

夕食の後は、楽しみにしていた温泉♪
源泉掛け流し温泉です。

 

熱湯とぬる湯を並べた「内湯」と「樽風呂」があり、
交互に入って楽しみました。

 

さすが日本三名泉の1つである草津温泉。
お湯がとっても気持ち良い。

 

すぐにでもまた入りたくなる
良いお湯でした^^

 

お風呂上りには、サービスのアイスを♪

こういうサービス満点なところが、
共立リゾートが大好きな理由の1つです。

 

美味しい夕食と良いお湯で、
ゆっくりと息抜きできました。

 

翌朝、部屋のバルコニーには
薄っすら雪が積もっていました。

 

宿の方によると、昨晩10cmくらい
雪が積もったそうです。

 

そんな雪景色を見た後の
朝風呂も最高でした♪

 

朝も湯上りのサービスがありました!

 

ヤクルトでした。

 

朝食は和洋バイキング。
絶品でした。

 

とてものんびりできる、
居心地の良いお宿でした。

 

お宿木の葉について
詳しくはこちらもどうぞ

 

 

◆草津温泉から上野への帰り道

宿から送迎車で草津温泉バスターミナルへ戻り、
お土産を買って帰りました。

 

行きと交通手段は同じ。
草津温泉バスターミナルから、
バスで長野原草津口まで向かいました。

 

長野原草津口駅には、
「六合ステーション」という、
お土産やお弁当、食事が出来るお店があります。

 

ここで、草津号で食べるお昼ご飯を
調達しました。

 

上州名物の鳥めし弁当です^^

 

行き同様、草津号に乗って、
お弁当を食べながらのんびり過ごし
上野駅に帰りました。

 

 

◆草津で買ったお土産

湯畑周辺でお土産を購入しました。

 

まずは、中吉堂本舗の「草津温泉たまごボーロ」

 

容器が可愛いくて、大きいボーロが贅沢な気がして
魅力的でした。

 

お値段は500円台とお手軽でしたし、
サクサクした食感がクセになる美味しさでした♪

 

お次は清月堂の花いんげん甘納豆。

 

老舗のお店+名物の花いんげんの和菓子という事で、
ご年配の方へのお土産に良さそうな印象でした。

 

箱入りのもので1500円くらでした。

 

両親にあげたら美味しいと
とても喜んでいました。

 

甘納豆が入っていた化粧箱が
可愛かったと話していました。

 

甘納豆以外には、
どら焼きや羊羹などもありました。

 

 

 

まとめ

初めての草津旅行!

 

交通手段を調べるところからのスタートでしたが、
草津号で道中を満喫出来ましたし
無事にたどり着いて良かったです。

 

草津の観光名所「湯畑」も
もくもくの湯気が圧巻でした。

 

そして、草津と言えば温泉!
お湯がとにかく気持ちが良かったです。

 

身体に沁み込んで、身体のすべてを
温めてくれるようなお湯でした。

 

“草津良いとこ一度はおいで♪”
というフレーズ通りの、
素晴らしいところでした^^